メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

<  第7回朝日杯第3局  > 1次予選1回戦 ▲藤森哲也四段―△山口直哉アマ

山口アマ、逸機で及ばず

対局日:2013年7月6日

第1図:  拡大  

第2図:  拡大  

第3図:  拡大  

第4図:  拡大  

第5図:  拡大  

第6図:  拡大  

終了図:  拡大  

■すがすがしく

 7月6日、東京・築地の朝日新聞東京本社で、今年も熱い戦いが繰り広げられる。午前9時を回ったころ、記録係の飯野愛研修会員が対局の準備を始めた。飯野研修会員はこの秋から女流3級として指すことを決めたばかり。キビキビと動く姿を見て、朝からすがすがしい気分になった。

 山口直哉アマが、先に席に着いていた藤森哲也四段に「よろしくお願いします」とさわやかに声を掛ける。やはり気持ちのよい朝だと感じさせた。

 戦型は藤森が横歩を取る。棋界でも流行の青野流に進む。飛車を横歩の取った3四の位置で頑張るもので、場所は不安定ながら手損せずに敵陣へ襲いかかることを主眼としている。

 終局後に藤森は「最近、はやっている形で、興味があったので」と選択の理由を説明。対する山口アマは「急戦矢倉だと思っていたので、横歩取りは想定してなかった」とのこと。これを聞いた藤森は「▲7六歩△3四歩のスタートで急戦矢倉はねえ」とにこやかに返した。

 両対局者は「昨日、この将棋ありましたよね」「うん、ありましたね」。2人の話す「昨日」とは竜王戦決勝トーナメントの▲及川拓馬五段−△金井恒太五段戦のこと。第1図の直前の▲3八銀まで同様の形だった。

 第1図の△7四歩が山口アマの工夫だ。ここでは△5一金と中原囲いに組み、玉形を整えるのが常識とされていたが、新たな趣向をプロにぶつけた。△5一金は受けの手で、△7四歩は攻めを急ぐ手。後手としては攻められる展開は本意でなかったようで、先攻するのが狙いだった。

 △7四歩にすぐ▲同飛は「△7七歩がありますね」と藤森。以下、金や桂で応じるのは△8七歩。角で取るのは△8九飛成がある。したがって藤森は▲9六歩と端を突いた。△8七歩に9筋へ角をのぞかせる余地を作ったものだ。

■感触のよい三段跳躍

 第2図の▲2三歩が「見えていなかった」と山口アマ。▲2三歩にじっと手を止める。そして持ち時間がなくなった。まだ手数は30手に達しておらず、藤森は半分の20分も使っていない。局後、山口アマがポツリともらした。「時間配分に問題があった」

 △同銀▲2四歩△同銀▲4五桂△2八歩成と進んで第3図、藤森は▲3三桂成と角を取った。桂のホップ、ステップ、ジャンプで相手の角を召し捕ったのだから気分が悪かろうはずはない。以下△同銀▲3七銀△2七とに▲4六銀の局面を「やりたいことをやれているので、形勢はいいと思った」と藤森は振り返った。

 第4図は▲8四飛と7四の飛車をひとつ寄せたところ。飛車成りを狙って、至って自然な指し手に見えるが、この手が緩手だった。ここでは▲3四歩と突き、△4四銀に▲3五銀と活用した方がよかった。▲3五銀に△同飛は▲2四角の王手飛車がある。△同銀なら▲2二角成と金を取れる。飛車より先に銀の活用が急務だった。本譜は数手後に▲8一飛成を実現させるが、△7一歩と打たれる。このバリケードがなかなか崩しにくい。

■幻惑の歩突き

 ▲5六歩(第5図)と藤森は玉頭を突きあげる。次は▲6六歩で飛車の捕獲を狙っている。いわば早くやって来いの姿勢だ。

 午後の対局のため、本局の進行を控室で見ていた上村亘四段に対局翌日会うと、開口一番、「▲5六歩は藤森さんらしくない手に思いましたが、『負けられない』との気迫を感じさせる手でしたね」と熱い表情で語った。▲5六歩以下△4七と寄▲6九玉△3五と▲6八銀と、先手は自陣の引き締めを急いだ。▲6八銀に山口アマは△6四桂と打って△7六桂を見せるが、ここでは△3六歩と垂らす手があった。以下▲7五香△3七歩成▲7三香成に△同銀と取っておけば、△4八と左が厳しい。「難しい。大変です。△4八と左〜△5九とが厳しいです」と藤森。じっと垂らしておくのも有力だった。

■逸機

 第6図の△4六と上で、後手はチャンスを逃した。△7六桂と跳ねれば後手も有望だった。本譜は△4六と上▲7五香の交換を入れてから△7六桂。しかしこれでは「証文の出し遅れ」で、先手は▲7三香成と手抜きで襲い掛かった。

 第6図で△7六桂なら先手はあいさつしなければならない。▲7五香が入っていないので攻め合いにならないのだ。△7六桂▲7七角△6八桂成▲同角と先手陣を乱せば、楽しみも多かった。局後、山口アマは「△7六桂と跳ねるつもりだったのですが……」と絞り出すように話していた。

 終了図の▲4四銀は華麗な収束。△同歩と取れば▲5一竜△4三玉▲5二銀以下の即詰みだ。

 感想戦後、両対局者とレストランに向かった。テーブルにカレーが並んだとき、「2月に先生に教わりましたよね」と山口アマが藤森に話しかけた。職場の将棋部のメンバーと藤森ら数人の棋士で研究会を行ったという。「お昼に焼き肉食べたときですね」と藤森。ただ、その時に指した将棋のことは両者とも覚えていないらしい。

 「昨日、思い出そうとしたんですが、思い出せないんですよね」という山口アマに、「将棋の内容は忘れてるなあ。お昼ご飯のメニューとか余計なことは覚えてるのに」と返す藤森。楽しい会話がスパイスとなり、カレーをおいしくいただく。再び盤を挟むとき、2人はこの日の味を思い出すのだろう。

(滝澤修司)

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夫婦のスケジュールも可視化

    デジタル×アナログで予定管理

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】5億人の女性を救った男

    映画『パッドマン』試写招待

  • 写真

    【&w】ブルックスブラザーズ展開催

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日原作者の人生に揺さぶられた

    DV受ける息子演じた太賀さん

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラグジュアリーな旅とは?

    今、大人が求めるホテル

  • 写真

    T JAPAN漫画家、荒木飛呂彦の創造哲学

    アトリエに潜入取材

  • 写真

    GLOBE+107歳、今もフルタイム

    世界最高齢の床屋さん

  • 写真

    sippo紳士服店で犬・猫の譲渡会

    始まりは社長と猫との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ