メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

<  第36期朝日アマ名人戦三番勝負第2局  > ▲清水上徹(朝日アマ名人)―△倉川尚(挑戦者)

清水上名人が勝ち、最終局へ

対局日:2013年5月26日

第1図:  拡大  

第2図:  拡大  

第3図:  拡大  

第4図:  拡大  

第5図:  拡大  

第6図:  拡大  

終了図:  拡大  

■緊張

 倉川尚挑戦者の快勝で終わった第1局から一夜が明けた。奪取か防衛か――。5月26日、清水上徹・朝日アマ名人にとっては正念場の第2局を迎えた。

 カド番に立たされた清水上さんだが、「プレッシャーは特に感じていなかった」と話す。「(第1局に)負けてもまだ三番勝負には負けてない」と考えて気持ちを切り替えた。1日目の夜は、第1局と同じ作戦(▲2六歩〜▲2五歩)で来られる可能性を考え、盤駒を使って対策を練っていたという。第2局は清水上さんの先手番なので、その「可能性」は第3局の振り駒で倉川さんが先手番になった場合に限られるのだが、こうして3局をトータルで考えられる心の余裕は、三番勝負を戦い慣れている者の特権だろう。

 一方、倉川さんは落ち着かない夜を過ごした。疲れがあり早く寝たものの、鳥の鳴き声で夜中に目が覚めたという。「(鳴き声が)気になってまったく眠れなかった。緊張していないつもりだったが、緊張していたのかもしれない」と倉川さん。2日目当日は寝不足気味だったという。勝てば初めてのアマタイトルとなる一局。重圧がかかって当然だった。

■誤算

 清水上さんの作戦は石田流。対する倉川さんは角交換から△4五角(第1図)と変化球を投じた。▲7六角との打ち合いは振り飛車やや指せるが定説だが、「力戦形にしたかった」と倉川さん。三番勝負を戦うにあたり、決めていたことがあった。それが「せっかくの持ち時間の長い将棋なのに、知識量で負けてしまうのはいや。なので、定跡を外す指し方をする」ことだ。だが、注文どおり定跡形は外したものの、その後に誤算があった。

 △8五歩に対する▲4八玉(第2図)が倉川さんの読みになかった手。この形では後手から角交換を挑み△2八角と打つ筋があるのだが、すぐに実行すると先手からも▲7四歩の反撃が来る。そこで8筋を受けさせて▲7七銀と上がらせれば、飛車先が重くなって後手も決戦に挑みやすくなる仕組みだ。

 しかし玉を上がられ、第2図で△5四角は▲同角△同歩▲3九玉で間に合わない。では△8六歩はどうか。だが、これも▲同歩△同飛▲8七銀△8二飛▲8五歩と進むと、後手は8筋逆襲の筋におびえることになる。

 結果として後手は駒組みを進めるよりなくなったが、スムーズに向かい飛車に構えて先手満足の序盤になった。

■先手ペース

 駒組みが一段落し、第3図からいよいよ先手が動く。▲8六歩△同歩▲同飛△同飛▲同銀で飛車交換になった。駒台に飛角を載せている点は同じだが、陣形のバランスは振り飛車のほうがよく、先手が指せる。「竜を作られてじっとされていたらどうしようもない」。倉川さんは対局中、そう思って悲観していたという。清水上さんは一段金に構え直してから馬を作りにいったが、これでも先手十分だ。

 後手は守りの桂を跳ね出して勝負をかける。先手は成らせたうえでその成桂を狙う。△5六歩と成桂を守った局面で、清水上さんは少考で▲8二歩(第4図)と攻めた。後手から有効打がないと見ての選択だが、次の一手が強烈な勝負手だった。

■勝負手

 第4図からガツンと△4八飛。この打ち込みで一気に先手玉への距離が縮まった。途端に清水上さんの顔つきが険しくなる。倉川さんは「冷静に見ると少し足りないような気はしたが、少し面白くなったのでは」とかすかに手応えを感じていた。清水上さんは「ひと目は余せる」と思っていたが、改めて読み直してみると簡単でないことに気づいた。

 ▲同金は△同成桂で速くなるし、このままでも△5八成桂から食いつかれる。受けきれる形ではないため先手も▲8一歩成と攻め合い、いきなり苛烈(かれつ)な終盤戦に突入した。

 少し進んで第5図。後手の攻め駒は少ないが、先手玉は狭く怖い形だ。一手のミスが即負けにつながる。たとえば第5図から△1二玉▲4二桂成△4七と▲4四馬△同歩▲3二成桂と進めると、△3九角▲1八玉△1七金▲同桂△2八角成▲同玉△3八成桂以下、先手玉は詰む。感想戦では手順中▲3二成桂に代えて▲3五角と置き、以下△3八成桂▲1八玉△2四角▲3二成桂△2八金▲1七玉△3五角▲2六歩と進めればどうやら先手勝ち筋との結論が出た。長々と変化を記したが、先手が一直線に勝とうとすると、こうした落とし穴がいくつも待ち構えているということだ。

 本譜は第5図から△3三玉と逃げ、清水上さんは▲2六歩で自玉の安全を図る。以下△4七と▲2七銀と進んで先手玉が寄りにくくなり、局面がわかりやすくなった。

■決着は第3局へ

 清水上さんが反撃に出て、後手玉に寄せの網を絞っていく。第6図の▲5五飛が寄せの決め手。△5三銀▲5一角△4三玉▲7一と以下、詰めろの連続で迫り後手を投了に追い込んだ。

 強手一発で先手玉を追い詰めた倉川さんだが、「正確に指されるとやはり1手足りない」と感想を語る。「終盤は接戦になったので、自分としてはいい将棋が指せたと思う」と一局を振り返った。清水上さんは玉を薄くされたものの、最後はひるまずに寄せきった。受けの安定感、寄せの切れ味の鋭さはさすがの一言に尽きる。

 これで三番勝負は1勝1敗のタイに。勝負の行方は第3局に持ち込まれた。

(松本哲平)

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】歯周病予防にも!

    電動歯ブラシはこれを選ぶ

  • 写真

    【&TRAVEL】「赤毛のアン」ゆかりの島へ

    プリンス・エドワード島

  • 写真

    【&M】土鍋で炊きたてご飯のランチ

    銀座米料亭 八代目儀兵衛

  • 写真

    【&w】人はなぜ人に暴力を振るうか

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ちょっと目線を上げて生きる

    高山都さん語る「美・食・姿」

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN新ブランドがこの秋、デビュー

    RUMIKOの新たな挑戦

  • 写真

    GLOBE+消える領土と闘う「王様」

    NYT世界の話題

  • 写真

    sippo元野良猫を家に向かえた

    その夜、猫は鳴きつづけた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ