メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

<  第7回朝日杯第4局  > 1次予選1回戦 ▲天野啓吾アマ―△斎藤慎太郎五段

天野アマ、粘り通じず

対局日:2013年7月6日

第1図:  拡大  

第2図:  拡大  

第3図:  拡大  

第4図:  拡大  

参考図:  拡大  

第5図:  拡大  

終了図:  拡大  

■ダークホース

 7月6日に開幕した朝日杯。今回も1次予選恒例のプロアマ戦10局が、東西に分かれて行われた。今回紹介するのは、斎藤慎太郎五段と天野啓吾アマの一戦だ。

 天野アマは兵庫県川西市在住の会社員で、33歳。3月の第36回朝日アマ将棋名人戦全国大会でベスト8に入り、本棋戦初出場を決めた。プロ棋士との公式戦は本局が初めてだが、これまで奨励会三段とは4局対戦があり、3勝1敗。堂々の勝ち越しを収めており、今大会のダークホース的存在と言える。

 一方、斎藤は本棋戦には第6回からの出場。第6回では井上輝彦アマ相手に、優勢を築きながら逆転負けを喫し、苦汁をなめている。昨年に続いてのアマとの対戦に、斎藤は「この1週間は、本局のことしか考えていなかった」とリベンジに燃えていた。

■突然の開戦

 天野アマの先手で始まった本局は、三間飛車対居飛車穴熊の戦いになった。天野アマは学生時代は右玉を得意としていたが、現在は三間飛車を最も得意としている。一方の斎藤も得意の居飛車穴熊で対抗。両者予定通りの作戦で序盤戦を進めた。

 第1図はまだ駒組み段階で、先手の自然な一手は▲5八金左だろう。しかし、それだと△4一金〜△3一金寄と固められて不満とみたか、天野アマは▲6五歩と突然開戦に踏み切った。ただ、この手は△6五同銀に対し銀を捕獲できるわけでもなく、また△5三銀と引かれても△9九角成が残るのでかなり思い切った一手である。斎藤は少考の末に△6五同銀を選んだが、そこで▲7七角が天野アマの狙いの一手。対して△同角成には▲同桂で銀を捕獲できる。本譜は△2四角と斎藤が角交換を避け、決戦には至らなかった。

■千日手を回避

 △2四角以下▲5八飛△4一金と進んだのが第2図。ここから本譜は▲6八角△3三角▲7七角△2四角▲6八角△3三角▲7七角と千日手模様に進行。天野アマは、「作戦失敗を感じていたので千日手はやむなし」と思っていたとのこと。一方の斎藤は「この時点で持ち時間を多く残していて、後手番ということで千日手もかなり魅力でしたが、1歩得ということで打開を決断しました」と、△4二角で千日手を回避した。天野アマは予想していたのか、すぐに▲5五歩と突き、中央での戦いに突入した。

■もうひとつの敵

 第3図は斎藤が△5二飛と飛車を5筋に回って応戦したところ。以下▲5四歩△同銀に▲5六銀と、天野アマは大きな駒音を立てて銀を出る。「この辺りは千日手の変化があったときと比べてやれるようになったかと。ただ、ここまであまりにも時間を使い過ぎて……」と天野アマ。この時点で既に残り5分となっており、もうひとつの敵に悩まされ始める。斎藤が「まだ1歩得ですので、まずまずかと思いました」と話したように、ここでは局面自体は互角ながら、残り時間に天野アマが不安を抱える分だけ斎藤が優位に立っていたようだ。

■斎藤の方針

 第4図は▲2五銀と天野アマが銀を3四から引いたところ。歩損を解消した上、伸び伸びとした格好となっているが、実はこれが本局を迎えるに当たっての斎藤の方針だった。「天野さんは受けがめっぽう強いので、ある程度攻めさせようと思っていました」とのこと。感想戦でそれを聞いた天野アマは、「斎藤さんの手のひらの上で踊らされていたんですね」と苦笑いを浮かべた。

 第4図から斎藤は△6五歩と突き出した。7五の歩が取れそうなので悪くないと見ていたとのことで、実際に▲5六飛△7五角と進み、一瞬にして先手の勝てない形となってしまった。

 実は△6五歩は疑問手で、そこで▲7四歩と突けば先手有望が局後の結論だった。以下△同歩▲5四歩△4三金▲5五角△6四銀▲5三歩成△同角▲6四角△同角▲5二飛成△同金▲3二銀(参考図)。その局面は次の▲4一飛や▲6一飛が厳しく、後手は対応が難しい。また△7四同歩で△7四同銀と取るのも▲4六歩が「筋の一手で厳しそう」と斎藤。

 この時点で天野アマの残り時間は1分。目前に訪れたチャンスをものにするには、あまりにも時間がなさ過ぎた。

■斎藤が勝利

 優勢になってからは斎藤は天野アマのさばきを封じ、逆に8筋を飛車で突破。そして第5図の△6六桂が冷静な決め手だった。代えて△8八飛成を急ぐのは、▲8六飛で天野アマに得意の粘りを与えるところだ。

 本譜は仕方のない▲5七金に、そこで△8八飛成として盤石の態勢に。その後、飛車を奪った斎藤が118手(終了図)で勝ちを収めた。

 感想戦終了後、斎藤は「かなり緊張していましたが、ようやくそれも今、解けました。天野さんは奨励会三段相手にも受け潰して勝っていましたし、警戒して臨みました。良くなってからはうまく指せたと思います」と、昨年のリベンジが果たせてホッとした様子。天野アマは「もう少し終盤勝負にしたかったですし、▲6五歩と開戦した以上、もっと踏み込まなければいけなかったと思います」と反省の言葉を口にした。ただ続けて「朝日杯に出られたことや、斎藤さんというこれ以上ない強い相手と指せたことは、とても幸せに思います。また来年頑張って出場を目指したい」と胸の内を語った。

(雲井宏)

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】歯周病予防にも!

    電動歯ブラシはこれを選ぶ

  • 写真

    【&TRAVEL】「赤毛のアン」ゆかりの島へ

    プリンス・エドワード島

  • 写真

    【&M】土鍋で炊きたてご飯のランチ

    銀座米料亭 八代目儀兵衛

  • 写真

    【&w】人はなぜ人に暴力を振るうか

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ちょっと目線を上げて生きる

    高山都さん語る「美・食・姿」

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN新ブランドがこの秋、デビュー

    RUMIKOの新たな挑戦

  • 写真

    GLOBE+消える領土と闘う「王様」

    NYT世界の話題

  • 写真

    sippo元野良猫を家に向かえた

    その夜、猫は鳴きつづけた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ