メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

<  第7回朝日杯第6局  > 1次予選1回戦 ▲稲葉聡アマ―△渡辺大夢四段

渡辺冷静、稲葉アマ下す

対局日:2013年7月6日

第1図:  拡大  

第2図:  拡大  

第3図:  拡大  

第4図:  拡大  

第5図:  拡大  

第6図:  拡大  

終了図:  拡大  

■立場が逆転

 関西将棋会館3階の控室に入ると、所在なげに座っていたのは渡辺大夢四段のほうだった。稲葉聡アマは少年時代からよく知った顔を見つけ、談笑している。かつて関西奨励会に所属していた稲葉アマにとって、ホームグラウンドのような場所だ。東京本部所属の渡辺が関西将棋会館で公式戦を指すのは2局目である。控室の光景だけ見ると、プロとアマの立場が入れ替わったかのようだ。

 午前に同所で指された▲天野啓吾アマ―△斎藤慎太郎五段、▲小林憲治アマ―△石田直裕四段の感想戦が1時間以上行われていた。午後2時から行われる本局など3局の準備があり、途中で切り上げられるほどの濃密な感想戦。その熱気が冷めやらぬうちに午後の対局が始まった。

■よく似た局面

 午後の対局も午前と同じく、一般に公開して行われる。お客さんの層は老若男女さまざまだ。第1回の頃には数えるほどだった女性客も、もう珍しくはない。また、この日はお子さんの姿が多く、自分たちが出場している将棋大会とは全く異なる緊張感に圧倒されていたように見受けられた。対局者の渡辺も普段とは違う環境に緊張していたのか、駒を並べる指が震えていた。

 渡辺は横歩取りを得意とする居飛車党で、デビュー戦以降の全対局で居飛車を用いている。戦型は稲葉アマが三間飛車を採用し、渡辺は穴熊に玉を囲う。

 まだ穴熊が組み上がっていない後手玉に対し、稲葉アマは▲6五歩(第1図)と早々に動く。第1図に見覚えのある方は熱心な朝日杯ファンと言えるだろう。午前の▲天野アマ―△斎藤戦でよく似た局面が現れている。▲天野アマ―△斎藤戦はすでに△2二銀と閉まっていて強い戦いができたが、本局はまだフタが開いた穴熊。渡辺は▲6五歩に対して△5三銀と引き、戦いを避けた。

 しかし、続く▲7四歩△同歩▲7六飛で「困りました」と渡辺。以下△2二銀▲7七桂に△6二銀(▲4六角に△7三桂の受けを用意)と後手に受け一方の手が続き、先手がうまく指している。

■フリークラス

 渡辺は昨年10月にプロ入り。三段リーグで次点を2回取ったことによるプロ入りのため、順位戦にはまだ参加できないフリークラスの棋士だ。順位戦に参加するためには、規定の成績を10年以内にあげなければならない。過去にフリークラスから順位戦参加を勝ち取った棋士は、フリークラス入りからおおむね3年程度で「脱出」している。渡辺にはプロ入りで喜んでいる時間はなく、どの対局も順位戦参加につながる資格試験のようなものだ。

 その渡辺が、本局の序盤戦では稲葉アマに好形に組まれリードを許している。△5六歩(第2図)▲同銀△8六歩▲同歩△8七歩と手を作りにいくが、▲8五桂とさばいて先手が好調。後手は角を成って△9八馬(第3図)と香車を拾うが、8七に垂らした歩が邪魔駒になっている。

■兄と弟

 稲葉アマの弟が稲葉陽七段であることはよく知られている。陽七段はこの日、関西将棋会館の別のフロアで行われている本棋戦の大盤解説会に出演していた。兄はアマタイトルを何度も取ったことがある強豪、弟は新進気鋭の若手プロ。将棋一家を想像させるが、3人兄弟である稲葉家の長兄は全く将棋を指さないそうだ。

 第3図で稲葉アマが両取りに▲5四桂と打つと、すでに持ち時間を使い切って1分将棋に入っている渡辺は「両取り逃げるべからず」の格言通りに金も銀も逃げず、△9七馬と馬の活用を急いだ。9八馬のままでは戦えない。秒読みの中でも冷静な大局観で、形勢を離されない。

 10手進み、△2四桂(第4図)の局面で稲葉アマが指した▲4七銀引がどうだったか。感想戦では▲4七金が勝るという結論が得られたが、本譜は第4図以下、▲4七銀引△5三馬▲5四歩△4四馬▲6一飛に△5七歩のたたきが厳しかった。▲5七同金は上ずるし、▲5七同角では△5五香がある。やむなく▲5九金引だが、大きな利かしが入った。ここから渡辺は息を吹き返し、△1六香と端攻めを敢行する。

■渡辺、2回戦へ

 「このあたりは指せるんじゃないかと思っていた」と稲葉アマが振り返った第5図。しかし、終局後の大盤解説会の検討や感想戦では先手が明快に勝つ順は見つからなかった。第5図以下△2九香成▲同玉△2五桂▲1六香△2四桂が本譜の進行。途中▲2九同玉で▲2九同銀も考えられるが、△3五桂▲3八銀引△4七桂打と角金両取りをかけて後手が指せる。後手は金を持つと△7一金(飛車の捕獲)や△3一金(自陣の補強)があるのが心強い。

 本譜は上記手順最後の△2四桂が落ち着いている。△2四桂に代えて△1七桂成では▲4五歩から馬を追われて▲1七角と外される筋が生じる。以下は渡辺の落ち着いた寄せを見るばかり。上部が広いように見えた先手玉は、△7四角(第6図)で入玉が難しくなった。

 第6図からは▲6五歩△同角▲6七玉(▲6五同玉は△6四飛〜△6八飛成)△5六銀で仕上げにかかり、△6一香(終了図)で稲葉アマが投了した。終了図は▲6一同竜なら△7四飛の1手詰である。渡辺は初出場の本棋戦で2回戦進出を決めた。

 終局後、両対局者は大盤解説会に出演して第5図の前後を検討した。渡辺は解説者の久保利明九段の隣に、稲葉アマは弟の陽七段の隣に立った。稲葉兄弟は直接言葉を交わすことなく、目を合わすこともなく、同じ角度で首を傾け、大盤を見上げている。よそよそしい空気に業を煮やした久保九段が、兄に話しかけるように弟を促す。「……ド、ドウデシタカ?」「面白い将棋にはできたかな……」。ぎこちなかったが、やっと兄弟の会話が聞けた。

 感想戦が終わったあと、控室で顔を合わせた稲葉兄弟は「いやあ」と苦笑い。どちらもやりにくいことこの上なかったようだが、なんともほほ笑ましい光景だった。

(諏訪景子)

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】フライパンを使わず簡単に

    キレイなオムレツが作れる

  • 写真

    【&TRAVEL】水上ハウスでバーベキュー

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】「東京顔マラソン」を体験

    完走してわかったその楽しさ

  • 写真

    【&w】インスタ時代の新しいパン屋

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日原作者の人生に揺さぶられた

    DV受ける息子演じた太賀さん

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPAN漫画家、荒木飛呂彦の創造哲学

    アトリエに潜入取材

  • 写真

    GLOBE+107歳、今もフルタイム

    世界最高齢の床屋さん

  • 写真

    sippo紳士服店で犬・猫の譲渡会

    始まりは社長と猫との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ