現在位置:asahi.com>将棋>名人戦・順位戦>第66期> 記事


名人への道(1)

「天才」たちの最初の「壁」 奨励会:上

 「1回目は落ちて元々という気持ちだったんですが、2回目に落ちた時はショックでしたね」

写真 奨励会例会の風景。制服姿も目立つ

 名人2期、棋王1期の実績を持つ丸山忠久九段は、棋士への第1関門、奨励会の入会試験に2回落ちた。試験は受験者同士で対戦する1次、奨励会員と戦う2次があり、1次は6戦で4勝、2次は3戦で2勝以上しなければならなかった。83年、中学1年で受けた試験は2次で全敗。翌年は中学生名人戦で優勝して1次免除だったが、2次が1勝2敗でまた不合格となった。

 竜王を3期務めた藤井猛九段も試験でつまずいた一人だ。85年、中学3年の時、3勝3敗で1次落ち。

 「受かる自信はあったんですが。高校受験と同じで年1回ですから、また来年かという感じでした」

 三浦弘行八段も1次で落ちた。

 「つらかった。唯一味わった挫折感です」という。

 3人とも、将棋連盟が試験に落ちた者を救うために設けた「研修会」で成績を上げてはい上がり、仮入会という形で奨励会に入った。それがいまや順位戦A級に所属するトップ棋士だ。

 将棋界の頂点に位置する名人位。そこに上り詰めるまでには、奨励会を抜け、プロ棋士になり、さらに順位戦を上がっていくという果てしない道のりがある。

 将棋を覚え、町道場で強くなり、大人を負かす幼い「天才」たちが、はじめて直面する「壁」が奨励会入会だ。

 羽生善治三冠や森内俊之名人は82年に初挑戦で入会。この年は受験生が約100人いて、合格者は24人だった。一時、受験者が減ったといわれていたが、最近また増えつつあり、昨年は73人が受験し、合格者は24人。今でも毎年3人に2人の「天才」たちが、ふるい落とされている。

2007年4月3日 朝日新聞夕刊




このページのトップに戻る