現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 名人戦・順位戦
  5. 記事
2012年1月24日16時45分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

羽生二冠7連勝、あと1勝 将棋名人戦・A級順位戦

表:第70期名人戦・A級順位戦結果(7回戦まで)拡大第70期名人戦・A級順位戦結果(7回戦まで)

表:将棋順位戦結果拡大将棋順位戦結果

 将棋の第70期名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)は7回戦を終え、羽生善治二冠が7勝0敗と、ただ一人無敗を守っている。谷川浩司九段は2敗目を喫し、1敗がいなくなった。羽生は8回戦と9回戦のどちらかに勝てば、挑戦が決まる。

 一方、降級争いは、いずれも1勝6敗の高橋道雄九段、丸山忠久九段、久保利明二冠の3人にほぼ絞られた。順位が低い久保が最も苦しく、8回戦で自分が敗れ、高橋、丸山のどちらかが勝つと降級が決まる。8回戦は2月1日、9回戦は3月2日に一斉に指される。

 二つのA級昇級枠を争うB級1組は11回戦が終了し、深浦康市九段が7勝3敗でトップに立った。10回戦までトップだった橋本崇載七段は阿久津主税七段に敗れ7勝3敗。順位差で2番手に。3番手は6勝4敗ながら順位1位の木村一基八段。B級2組は8回戦が終了し、広瀬章人七段が一人8連勝だ。6勝2敗の畠山成幸七段、飯塚祐紀七段、森下卓九段が追う。

 棋譜は有料の名人戦サイト(http://www.meijinsen.jp/)などで速報される。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介