現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 一般ニュース
  5. 記事
2012年7月5日18時53分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

羽生二冠、大山十五世名人を抜く タイトル獲得81期

写真:終局直後、大盤解説会場のファンの前で一局を振り返る羽生善治二冠拡大終局直後、大盤解説会場のファンの前で一局を振り返る羽生善治二冠

 将棋の羽生善治棋聖・王位(41)が5日、第83期棋聖戦五番勝負第3局で挑戦者の中村太地(たいち)六段(24)を破って防衛を果たし、タイトル獲得通算81期の新記録を達成した。故・大山康晴十五世名人の記録を30年ぶりに塗り替えた。

 タイトル戦初登場の若手を迎えての防衛戦。羽生棋聖は第1局から3連勝し、ストレート勝ちした。

 羽生棋聖は1985年にプロデビュー。89年に竜王を奪取したのを皮切りにタイトルを次々と獲得し、96年には史上初めて7タイトルを独占した。

購読されている方は、続きをご覧いただけます

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

将棋の本

第70期将棋名人戦七番勝負全記録(朝日新聞出版)

返り咲きを狙った羽生善治十九世名人を森内俊之十八世名人が破ったシリーズを観戦記で振り返る。決着後の両者へのインタビューも収録。

変わりゆく現代将棋 上巻(羽生善治著/毎日コミュニケーションズ)

七冠制覇を成し遂げた羽生が「将棋世界」誌上で連載した矢倉の壮大な研究。当時20代の羽生が将棋の真理に挑んだ渾身作。

powered by amazon

名人400年記念切手特製シート

将棋界最高峰「名人」の誕生から400年。大山、升田、谷川など、名勝負を繰り広げてきた歴代名人の写真が記念切手になった。