asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
将棋 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >朝日オープン  >ニュース  >トピックス  >朝日アマ名人戦・学生名人戦  >朝日将棋塾 
 
   
住まい仕事・資格BOOKマネー健康愛車教育ネットオフタイム囲碁将棋beコラム  
  home >将棋 >朝日オープン    

第22回朝日オープン将棋選手権 観戦記

本戦第22局【第1譜】(1〜22手)
先▲内藤國雄 九段  △山崎隆之 五段



図は△7二銀まで
図は△7二銀まで


1手ごとの指し手再現
 ▲2六歩   △8四歩4
 ▲2五歩   △8五歩
 ▲7八金   △3二金
 ▲2四歩   △同 歩
 ▲同 飛   △2三歩
 ▲2八飛   △3四歩1
 ▲3八銀   △7二銀=図
 ▲7六歩1  △9四歩1
 ▲4六歩5  △8六歩1
 ▲同 歩   △同 飛
 ▲4七銀   △9五歩1
(指手22手)


 関西の長老

 関西のドン・内藤九段と新鋭・山崎五段の対局は大阪市福島区の関西将棋会館で行われた。

 初手合わせは昨年2月の棋王戦。先番の山崎が相がかりUFO銀(▲3六銀)戦法を用い、内藤はひねり飛車模様で応戦、激しい攻め合いの末に山崎が勝っている。

 記録係・阪口悟三段の振り駒で先番になった内藤、あぐらを正座に直して▲2六歩。山崎、少考で△8四歩。再びUFO銀戦法かと思えたが、▲7六歩に対する△9四歩が新工夫。▲2七銀だと△8六歩から横歩取りに来そうな気配(のちの▲8二歩に△9三桂の逃げ場がある)。そこで内藤は▲4六歩を選んだ。

 隣席で対局中の有吉道夫九段が時折、こちらの盤面を見る。関西の最年長棋士は80歳の西本馨六段であるが、68歳の有吉が現役では最年長。

 盲目の西本先生はお元気で、京都府舞鶴市に道場を持ち、珍しい昔話を聞かせてくださる。

(東 公平)

指了図・△9五歩1まで

(04/03/05)

| 第2譜| 第3譜| 第4譜| 第5譜| 第6譜|



インターネットであなたの将棋の実力を認定!





| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission