2004年12月17日19時40分のアサヒ・コム

このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第23回朝日オープン将棋選手権挑戦者決定戦決勝 >
  先手 ▲山崎隆之 六段     対   後手 △深浦康市 八段

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜22手

▲2六歩1
△3四歩
▲7六歩
△5四歩
▲2五歩1
△5二飛
▲2二角成
△同 銀
▲7八銀
△6二玉
▲4八銀=図
△5五歩2
▲7七銀3
△7二玉4
▲2四歩2
△同 歩
▲同 飛
△5六歩1
▲同 歩
△同 飛
▲5七歩
△2三歩

△4八銀まで

棋譜

指了図・△2三歩まで

棋譜

王者に勝つ

 昨年、本棋戦の挑戦者決定戦でも羽生善治・現選手権者に負けて対羽生3連敗の山崎だったが、今年のNHK杯戦では四冠を持つ王者・羽生に初めて勝ち、優勝の美酒を味わったのである。

 新人王戦などで3度の優勝がある山崎だが、勝負の世界で何事にも代え難い経験は、ナンバーワンになること。嫌な記憶が吹っ飛ぶほどの「王者に勝てた喜び」を胸に秘め、必勝を期した楽しい上京だったろう。

 迎え撃つ前選手権者の深浦。A級順位戦の最終局で羽生に負け、4勝5敗ながら不運の降級だったが、この朝の彼の表情に陰りはなく、開始前に兄弟子・森下卓九段(A級復帰)と事務室で出会い、笑顔で育児の話をしていた。33歳の若さである。今日の目標は、めざましい勢いの新鋭・山崎に勝つことだけ。

 戸辺誠三段の振り駒は山崎の先手と出て「ゴキゲン中飛車」に進行したが、もし深浦の先手でも同じ戦型が見られただろうと思う。ベテラン棋士は「力戦の一種に過ぎない」と見るようだが、いまや現代の花形戦法へと進化しつつある感じ。 (東公平) [次の譜へ]

2005年07月15日


関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

将棋ピックアップ

朝日将棋塾

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.