アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第23回朝日オープン将棋選手権本戦第20局 >
  先手 ▲谷川浩司 棋王   対   後手 △中原誠 永世十段
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜36手

▲7六歩
△3四歩
▲2六歩
△3二金
▲7八金1
△8四歩
▲2五歩
△8八角成
▲同 銀
△2二銀
▲3八銀1
△3三銀
▲1六歩2
△1四歩
▲4六歩15
△6二銀
▲3六歩=図
△6四歩
▲3七桂
△4二玉1
▲6八玉
△6三銀
▲4七銀1
△5二金
▲5八金
△4四歩1
▲7七銀2
△3一玉
▲5六銀
△5四銀
▲6六歩1
△7四歩
▲7九玉
△7三桂
▲9六歩
△9四歩

▲3六歩まで

棋譜

指了図・△9四歩

棋譜

和服の中原

 朝の対局室に突然、緊張が走った。隣は同じ朝日オープンの渡辺竜王対深浦八段戦。20歳の新竜王が中原、谷川という2人の永世名人を差しおいて特別対局室の最上席を占めた。これが一つ。

 もっと驚いたのは、中原が和服で現れたことだ。和服は棋士の正装だが、今の棋士が和服を着るのはタイトル戦やトーナメントの決勝など、よほどの大勝負に限られる。将棋連盟で行われる通常の対局で棋士の和服姿を見るのはめったにないことなのだ。

 先に現れた谷川は持ち物の整理を終えると、階下にお茶を買いに行った。その間、着流しで現れた中原は和服用のコートを押し入れにしまうと、対局室の隅で羽織とはかまを着け始めた。戻ってきた谷川はその姿を見て、ぎょっとしたようだ。上座に着き、小さく「こちらで失礼します」と言った声が少し震えたように感じた。 (青) [次の譜へ]

2005年04月29日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

将棋ピックアップ

朝日将棋塾

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission