2004年12月17日19時40分のアサヒ・コム

このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第23回朝日オープン将棋選手権準決勝第1局 >
  先手 ▲深浦康市 八段     対   後手 △三浦弘行 八段
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜18手

▲2六歩
△3四歩
▲7六歩
△8四歩
▲2五歩
△8五歩
▲7八金
△3二金
▲2四歩
△同 歩
▲同 飛
△8六歩
▲同 歩
△同 飛
▲3四飛
△8八角成=図
▲同 銀
△7六飛

△8八角成まで

棋譜

指了図・△7六飛まで

棋譜

相横歩取り

 深浦八段は前朝日選手権者で、三浦八段は2年連続ベスト4。両実力者が決勝進出をかけて2月25日、東京・将棋会館で対局した。

 通算勝率が7割に近い深浦だが、三浦は苦手のようだ。93年以来12局戦い4勝8敗。しかも3年前からは5連敗中という相性の悪さだ。その悪い流れを本局で断ち切れるかどうか。

 記録係渡辺愛生二段の振り駒で先手番になった深浦は▲3四飛と横歩を取った。ここで後手△3三角なら、いまでは普通の「△8五飛戦法」が予想されたが、三浦は△8八角成(図)と動いた。

 三浦は最近、最も過激な戦法とされる「相横歩取り」に凝っている。今年になって指した後手番4局はすべてこの戦法という徹底ぶりだ。今期A級リーグの対深浦戦でもこの戦法を用いて勝っており、自信を深めて臨んだようだ。

 指了図の△7六飛が相横歩取りの基本図。後手が横歩を取らずに△2八歩▲同銀△4五角と打てば、羽生四冠が小学生時代に優勝杯をいくつも稼いだという「△4五角戦法」となる。

 ここまで両者ノータイムで指し進めた。 (佐々木賢介) [次の譜へ]

2005年07月01日


関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

将棋ピックアップ

朝日将棋塾

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.