2004年12月17日19時40分のアサヒ・コム

このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第23回朝日オープン将棋選手権準決勝第2局 >
  先手 ▲谷川浩司 九段     対   後手 △山崎隆之 六段
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜26手

▲7六歩1
△3四歩3
▲6六歩
△5四歩3
▲7八飛9
△4二銀9
▲4八玉1
△5三銀1
▲5八金左2
△4四歩8
▲7五歩7
△4五歩2
▲7四歩2
△同 歩1
▲同 飛
△4二飛=図
▲7六飛1
△7二金2
▲3八銀2
△6一玉
▲3九玉
△6二銀上
▲6八銀3
△5二金6
▲7七角8
△2四歩4

△4二飛まで

棋譜

指了図・△2四歩まで

棋譜

力戦相振り飛車

 谷川対山崎。準決勝の第2局は関西勢同士の大一番になった。

 2月28日、関西将棋会館。定刻15分前に現れた谷川はコートを衣服かけにかけると、時計や扇子など、持ち物の整理をして相手を待った。

 対する山崎は開始直前に駆け込んできた。コートとバッグを無造作に放り出すとすぐに将棋盤の前に座る。頭の後ろには大きな寝ぐせが。七冠を取ったころの羽生を思い出した。

 毎年、年度末のこの時期は重要な対局が目白押しになる。谷川はつい3日前の棋王戦で羽生にタイトルを奪われたばかりだ。だが、意気消沈している暇はない。取られたものは取り返せばよい。その意味でも、目の前の一局は重要である。

 2人とも立ち上がりから慎重だった。谷川の3手目▲6六歩はゴキゲン中飛車を嫌ったものか。山崎の4手目△5四歩は様子見の一手だ。結局、戦型はご覧のような相振り飛車になった。△の△7二金は7三に歩を打つのではつまらないと見て頑張った手だ。力戦調の出だしである。 (青) [次の譜へ]

2005年07月08日


関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

将棋ピックアップ

朝日将棋塾

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.