アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第24回朝日オープン将棋選手権本戦第13局 >
  先手 ▲佐藤秀司 六段     対   後手 △森下卓 九段

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

21〜41手


▲6八玉3
△4二玉
▲3七桂
△7四歩5
▲7八金1
△5四銀6
▲5八金1
△6五歩6
▲9六歩2
△9四歩
▲7九玉1
△6四角3
▲1七香18
△4四歩7
▲1八飛1
△3一玉1
▲1五歩7
△同 歩
▲同香
△1三歩
▲6八金右3

△5二金まで

棋譜

指了図・▲6八金右

棋譜

花村九段の指導

 子ども教室で私は最初に駒の点数を教える。飛10、角9、金6、銀5、桂4、香3、歩1。やたら歩を取りたがる子には「二歩は打てないから0点の歩もある」と教える。森下の名言「駒得は裏切らない」や、色紙に書く「一意専心」も子どもたちにぴったりで、「おしゃべりは、将棋が終わってからだよ」。

 飛、角が成ればプラス2点。図で△5四歩だと▲7一角で11点の馬ができる。「角は攻め専門の駒、馬は最強の守り駒」と強調している。

 花村元司九段は異例の五段試験に合格してプロ入り。弟子の森下、深浦康市を徹底した実戦指導で鍛え上げた。町の将棋クラブへ気軽に立ち寄り、客を無料で指導した人だ。私も2局指してもらい、定跡にない上手の陣形に面食らった。

 観戦記者になってから「昔、先生に飛香落ちで負けまして」と話すと、「今なら勝てるかね?」と笑顔できついお言葉。丸い頭をきれいにそり、太陽のように明るい人だった。思い出にふけるうち駒組みが進行、△6五歩は最先端の手である。 (東公平) [次の譜へ]

2006年05月05日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission