アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第24回朝日オープン将棋選手権本戦第18局 >
  先手 ▲高橋道雄 九段     対   後手 △宮田敦史 五段
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜22手


▲7六歩2 
△8四歩4
▲6八銀  
△3四歩1
▲6六歩  
△6二銀
▲5六歩  
△5四歩
▲4八銀  
△4二銀
▲5八金右 
△3二金
▲7八金=図
△4一玉
▲6九玉  
△5二金
▲6七金右1
△3三銀
▲7七銀  
△3一角
▲3六歩  
△4四歩

▲7八金

棋譜

指了図・△4四歩

棋譜

乗馬姿の対局

 遅刻した記者が対局室に入ると、初手の▲7六歩を見た宮田が会釈して席を離れ、戻ってきて高橋に何か言った。「あ、どうぞどうぞ」の了解を得てから、二枚の座布団を重ねて丸め、乗馬のようにまたがって座ってから△8四歩と指す。また会釈して室を出る。

 04年、宮田は胃潰瘍(かいよう)手術のため順位戦で不戦敗して昇級争いから脱落。その後、白いマスクをかけて対局していたが、足も悪くしたことは局後に知った。

 3度目の時に見に行くと、4階入り口のカウンターにあるイスに座ってじっとしている。やせて痛々しい姿だった。

 原田泰夫九段が軍隊に入り、上官に職業を聞かれて「棋士であります」と答えたら「騎手か。ではその馬に乗ってみろ」と命じられたエピソードを思い出したりした。

 体格のいい高橋は、腰を痛めて尻にもう一枚の座布団を敷いた経験者。「私の場合はあぐらの方がつらい。宮田君もそうでしょう」と同情していた。記者の足も不自由だが、若いころはテニスも野球もやれたし、不幸だと思ったことなど全くない。 (東公平) [次の譜へ]

2006年06月02日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission