ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 将棋 > 朝日オープン将棋観戦記 > 記事記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権本戦第1局 >
  先手 ▲安用寺孝功 五段   対   後手 △鈴木大介 八段
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜17手

▲7六歩   
△3四歩
▲6六歩4  
△3二飛
▲7七角   
△6二玉
▲8八飛   
△3五歩
▲4八玉3=図
△5二金左10
▲6八銀1  
△4二銀
▲3八銀1  
△7二銀
▲5八金左1 
△7一玉
▲8六歩5

▲4八玉まで

棋譜

指了図・▲8六歩

棋譜

本戦開幕

 本戦トーナメントが始まった。1回戦はシード組16人と予選勝ち上がり組16人の激突。因縁めいた組み合わせがずらりと並び、興味津々だ。

 開幕局は鈴木大介八段と安用寺孝功五段の一戦。満を持して登場の鈴木に対し、安用寺は予選で矢倉規広六段、島本亮四段、橋本崇載七段を連破して初の本戦入りを遂げた。

 2人はともに74年生まれの32歳だが、奨励会入会は鈴木が2年あまり早い。安用寺が14歳・最年少準アマ名人の肩書で奨励会6級デビューを果たした時、鈴木はすでに1級。1カ月後には初段に上がった。四段昇段は鈴木が20歳で、安用寺が三段リーグを抜け出したのはその5年後。リーグ最終日の3日前に、鈴木は竜王戦の挑戦者決定戦を制している。タイトル奪取はならなかったが、翌年にはNHK杯戦で優勝。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いにあった。

 戦型は相振り飛車。図では△3六歩の急攻策もあったが、鈴木は△5二金左と自重した。 (剣) [次の譜へ]

2006年12月05日


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.