ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 将棋 > 朝日オープン将棋観戦記 > 記事記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権本戦第6局 >
  先手 ▲阿久津主税 五段   対   後手 △森内俊之 名人
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜24手

▲7六歩   
△3四歩
▲2六歩   
△3二金
▲7八金   
△4四歩1
▲2五歩   
△3三角
▲4八銀1  
△5二金1
▲5六歩18 
△4三金右1
▲7七角2  
△2二銀2
▲6八角=図 
△5四歩1
▲8八銀   
△4一玉4
▲6九玉   
△6二銀
▲7七銀   
△5三銀2
▲5八金   
△3一玉12

▲6八角まで

棋譜

指了図・△3一玉

棋譜

名人として

 棋王位を併せ持つ森内名人に阿久津五段が挑む一戦は2006年10月5日、東京・将棋会館で指された。

 阿久津は時々、相手の顔をちらっと見る。△3二金に一度、△4四歩にもう一度。闘志満々だ。対する森内は1手指すごとに目を閉じ、阿久津の方を見ようとしない。

 本棋戦の前身・全日本プロトーナメントで2度優勝している森内だが、ここ2年は続けて本戦1回戦で敗退している。一昨年はタイトル挑戦の経験がある中田宏樹八段、昨年は宮田敦史五段が相手だ。いずれも終盤力に定評があるとはいえ、名人が五段に敗れれば「どうしたのか」ということになる。その屈辱を今年も味わわないよう、心を静めようとしているかのように見えた。

 △4四歩から矢倉模様に。解説の野月浩貴七段は「先手が2手かけて角を引いているので、角交換されても損にならないというのがプロの感覚です」。 (村上耕司) [次の譜へ]

2007年01月16日


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.