ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 将棋 > 朝日オープン将棋観戦記 > 記事記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権本戦第9局 >
  先手 ▲田村康介 六段   対   後手 △佐藤康光 棋聖

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜18手

▲7六歩
△3四歩
▲2六歩
△1四歩1
▲2五歩3
△8八角成
▲同 銀
△2二銀
▲7七銀1
△3三銀
▲4八銀
△4二飛7=図
▲3六歩1
△6二玉1
▲3七桂4
△7二玉3
▲4六歩7
△2二飛3

△4二飛7まで

棋譜

指了図・△2二飛

棋譜

戦法のデパート

 タイトル戦などで大忙しの佐藤棋聖の出番が来た。10月19日、東京・将棋会館での対局。サンフランシスコでの竜王戦第1局を終えて13日に帰国し、15日に大阪で森内名人と日本シリーズ、翌16日には日浦七段とのNHK杯戦をこなして本局を迎えた。10月は5連勝と好調だ。きりっとした表情で、連戦の疲れを感じさせない。

 力戦派で「けんか殺法」の著書もある田村六段は、予選を3連勝で突破し、いま最も活躍中の棋聖に挑むことになった。

 記録係・阿部健治郎三段の振り駒は「と」が4枚出て田村が先手番に。▲7六歩△3四歩▲2六歩と普通の出だしだったが、4手目に佐藤が△1四歩と注文をつけた。

 田村は誘いに乗って▲2五歩。角交換した佐藤は△4二飛(図)。アマ中心のインターネット将棋が出どころと言われる「角交換振り飛車」だ。プロで指す棋士はまだ少ない。序盤作戦をデパートのようにそろえた佐藤の指し回しに注目だ。 (佐々木賢介) [次の譜へ]

2007年02月06日


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.