ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 将棋 > 朝日オープン将棋観戦記 > 記事記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権本戦第13局 >
  先手 ▲ 木村一基  七段   対   後手 △ 真田圭一  七段
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜24手

▲7六歩
△8四歩
▲7八金
△3二金
▲6八銀
△3四歩
▲6六歩
△6二銀
▲5六歩
△5四歩1
▲4八銀
△4二銀=図
▲5八金
△4一玉
▲6九玉
△5二金
▲7七銀
△3三銀1
▲7九角
△3一角
▲3六歩
△4四歩
▲6七金右
△7四歩1

△4二銀まで

棋譜

指了図・△7四歩

棋譜

同郷のライバル

 予選から出場した真田七段は、達正光六段、神谷広志七段、杉本昌隆七段という実力者を破って、初の本戦入り。迎え撃つ木村七段は、前期竜王挑戦者の実績でシードされ、本局が初戦となる。

 真田は千葉県八千代市生まれで34歳。木村もほど近い同県四街道市出身の33歳。ふたりは小学生時代にも対局したことがあるという、同郷のライバルだ。ともに居飛車党で、それぞれ一度ずつ竜王戦七番勝負の大舞台を踏むなど共通点も多い。

 11月8日、東京・将棋会館での対局。記録係は天野貴元三段だ。

 3手目の▲7八金は木村が愛用する手。△8五歩なら▲7七角とし、角換わり戦も視野に入れている。真田は矢倉戦の予定でいたので△3二金と穏やかに指す。△4二銀(図)で両者の思惑が一致し、相矢倉戦の方向がはっきりした。

 指了図からどう指すかが、先手の作戦の岐路となる。 (佐々木賢介) [次の譜へ]

2007年03月06日


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.