ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 将棋 > 朝日オープン将棋観戦記 > 記事記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権本戦第15局 >
  先手 ▲中村太地 四段   対   後手 △谷川浩司 九段
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜18手

▲7六歩  
△3四歩
▲6六歩  
△5四歩1
▲7八飛2 
△4二銀2
▲7五歩1 
△5三銀
▲7四歩1 
△同歩4
▲同飛   
△3三角1
▲7六飛6 
△2二飛=図
▲9六歩6 
△5二金左2
▲4八玉6 
△2四歩

△2二飛まで

棋譜

指了図・△2四歩

棋譜

学生服の新鋭

 明けましておめでとうございます。今年も将棋欄をどうぞよろしく。新年最初は谷川九段と18歳の新鋭、中村四段の一局をお楽しみいただこう。関西将棋会館での対局だ。

 朝、珍しい姿を見た。東京から遠征してきた中村が学生服を着ていたのだ。高校生だから詰め襟で対局するのは、自然といえば自然。だが実際にはあまり見ない光景で、中村も「3回目くらいです」と笑う。

 あとからやってきた谷川は、自分のデビュー時代を思い出したという。30年前、谷川は14歳・中学2年で四段になり、中3のときに一度だけ学生服で対局したことがある。プロ入り2戦目の棋聖戦予選。テレビ取材があり、事前に「中学生だから学生服を着てほしい」と言われたという。

 だが谷川は、その勝負に負けてしまう。だから谷川にとって「学生服での対局」は、ほろ苦い思い出とともにある。

 振り飛車党の中村が三間飛車を明示すると谷川は向かい飛車へ。最近多用している相振り飛車の作戦だ。 (遊) [次の譜へ]

●この記事は2007年元日に新聞掲載されました。

2007年03月20日


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.