現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権本戦第18局 >
先手 ▲ 糸谷哲郎  四段   対   後手 △ 山崎隆之  七段

広島勢対決

2007年04月10日

 広島市中区の繁華街。百貨店が立ち並ぶ一角のビル4階に、広島将棋センターはある。村山聖九段(故人)、山崎七段、片上大輔五段、糸谷四段と並ぶ揮毫(きごう)の扇子は、巣立った棋士たちのものだ。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

▲1五歩まで 棋譜

1〜31手

  1. ▲7六歩
  2. △3四歩2
  3. ▲2六歩
  4. △3二金
  5. ▲7八金
  6. △9四歩1
  7. ▲9六歩3
  8. △8四歩5
  9. ▲2五歩1
  10. △8八角成2
  11. ▲同 銀1
  12. △2二銀
  13. ▲1六歩
  14. △3三銀2
  15. ▲1五歩=図
  16. △7二銀
  17. ▲3八銀1
  18. △6四歩
  19. ▲4六歩
  20. △6三銀
  21. ▲4七銀1
  22. △4二玉
  23. ▲7七銀
  24. △7四歩
  25. ▲3六歩2
  26. △5二金1
  27. ▲5八金
  28. △4四歩
  29. ▲3七桂1
  30. △7三桂4
  31. ▲4八玉1

指了図・▲4八玉まで

棋譜

 彼らの才能を見抜き、森信雄六段に入門する橋渡しをした前席主・本多冨治さんは03年に逝去したが、遺影の笑顔はこう語りかけてくるようだ。「ほら、私が言った通り、あの子たち、立派になったでしょう」

 本局を含めて4連勝すれば羽生善治選手権者に挑戦できる大舞台、山崎と糸谷の初対決は昨年12月18日、大阪・関西将棋会館で実現した。

 98年に17歳の若さでプロ入りし、現在は25歳の山崎が「後手番の一手損角換わり戦法」を選択。対する糸谷は昨春、同じく17歳でプロ入りし、現在18歳の高校3年生。▲1五歩(図)と端の位を取り、指了図の▲4八玉と、得意の右玉戦法で迎え撃つ。

(佐藤圭司)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る