現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権本戦第18局 >
先手 ▲ 糸谷哲郎  四段   対   後手 △ 山崎隆之  七段

「米長流ですね」

2007年04月10日

 山崎は、糸谷と初めて出会った十数年前のことを強烈に覚えている。「僕が奨励会の三段で、糸谷君は6歳か7歳」。広島将棋センターで平手で指導対局中、「この手は米長(邦雄永世棋聖)流ですね」と解説され、「知らなかったので、ビックリした」。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

▲4五歩まで 棋譜

64〜83手

  1. △4一飛2
  2. ▲7五歩3
  3. △8三角5
  4. ▲4四歩1
  5. △同銀直
  6. ▲4五歩 
  7. △5三銀
  8. ▲7四歩2
  9. △同角
  10. ▲7五歩1
  11. △5二角1
  12. ▲6七金 
  13. △8一飛2
  14. ▲7六金 
  15. △8四飛
  16. ▲4六銀左
  17. △4三角
  18. ▲6五歩1
  19. △5二金2
  20. ▲8五桂3

指了図・▲8五桂まで

棋譜

 図の▲4五歩を見て、山崎は「チッ」と舌打ちした。好手だ。森六段は「これで糸谷勝ちと思った」とまで言った。仮に△同歩なら▲7五歩△同歩▲4五桂△4四銀左▲7四歩△4五銀▲7三歩成△同金▲2四歩△同歩▲1六桂。「この端桂がキツすぎる」と山崎。

 前回の譜に戻って、△3三銀は▲4五歩を誘発した疑問手だった。

 本譜の△4一飛には、桂頭の弱点を狙う▲7五歩が機敏。糸谷は、駒を盤上にはっしと打ちつけ、下方から山崎の顔をにらみ、席を外した。

 山崎は△8三角と打ち「はーあ、ひどい」。

 山崎が生角を働かせようと苦心する間、糸谷は、二枚落ちの銀多伝定跡の下手のような、手厚い陣形を築いた。指了図の▲8五桂は待望の攻撃開始だが。

(佐藤圭司)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る