アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第25回朝日オープン将棋選手権予選第1局 >
  先手 ▲鈴木貴幸 アマ     対   後手 △瀬川晶司 四段
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜21手

▲7六歩
△3四歩
▲6六歩
△6二銀1
▲6八銀
△5四歩
▲6七銀2
△8四歩
▲6八飛=図
△4二玉
▲4八玉
△3二玉
▲3八玉
△5三銀1
▲2八玉
△3三角
▲1八香
△2二玉
▲1九玉
△1二香
▲5六銀

▲6八飛まで

棋譜

指了図・▲5六銀

棋譜

プロの瀬川さん

 第25回朝日オープン将棋選手権が、3日のアマ・プロ一斉対局で開幕した。アマ代表8人が東京の、2人が大阪の各将棋会館でプロに挑み、結果はアマの3勝7敗。記者はアマがもう1、2番余計に勝つと予想していたが、3勝は3年連続で、実力的にはこの辺が妥当な線かもしれない。

 昨年秋「サラリーマンからプロ棋士へ」の夢を果たした瀬川晶司四段と今年の朝日アマ名人戦全国大会3位の鈴木貴幸さんの一戦を開幕局とした。

 瀬川四段はアマ時代、去年を含め2度、アマ・プロ対局に出場した。そのときはプロと指せるのでワクワクしたが、今回は絶対に負けられない立場なので「ビクビクして対局に臨んだ」という。

 両者とも気合が入っていた。駒並べを早々に終え、目を閉じて5分ほど待つ。「よろしくお願いします」と声を掛け合って駒が動き出すと、一斉にフラッシュが光った。注目の一戦だ。 [次の譜へ]

(佐々木賢介)

2006年08月11日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

将棋ピックアップ

朝日将棋塾

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission