現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権 準々決勝第3局 >
先手 ▲ 阿久津主税  五段   対   後手 △ 久保利明  八段

一本取った

2007年06月12日

 2月16日、大阪で行われた準々決勝。阿久津は4日前から大阪に泊まりこんでいた。3日前にはC級1組順位戦で昇級争いにからむ重要な一番を小林健二九段と戦い、大逆転で敗れていた。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

△3一飛まで 棋譜

53〜72手

  1. ▲6八銀2
  2. △4六歩3
  3. ▲同 歩
  4. △6六角
  5. ▲7二歩4
  6. △同金上
  7. ▲3五歩
  8. △2五桂2
  9. ▲1七桂1
  10. △同桂成2
  11. ▲同 香
  12. △6五銀1
  13. ▲2八飛
  14. △2一飛1
  15. ▲3四歩
  16. △7四桂3
  17. ▲7七角2
  18. △3九角成
  19. ▲2五飛
  20. △6六銀

指了図・△6六銀まで

棋譜

 「3日前の結果は当然引きずっていたし、久保さんとの対局も多分勝てないと思っていた」と阿久津。それでも、「対局が始まってしまうと雑念が消え、勝負に集中できた」と言う。この辺りはなかなかたくましい。

 後手の△3一飛は次に△2四歩▲同歩△2一飛のさばきを狙っている。そこで▲6八銀と引いたのが実戦的勝負手。△6六角と歩を取らせて▲3五歩と突く。これで全面戦争に持ち込もうというのだ。もちろん、激しいさばき合いになれば、玉の堅さが生きるという計算を持っている。

 実戦は、そのさばき合いになった。だが、局面をリードしたのは久保だった。△6五銀が▲7四桂を消しながら攻めに厚みを加えた好手だった。

 △7四桂以下、指了図までの連続攻撃で先手の角をしとめた局面では、「一本取ったと思った」と久保も言う。だが、阿久津も踏ん張る。

(青)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る