現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権 準々決勝第3局 >
先手 ▲ 阿久津主税  五段   対   後手 △ 久保利明  八段

先手ペースに

2007年06月12日

 昨年末のA級順位戦で、久保はちょっとした事件の主役になった。郷田真隆九段との対戦で相手の時間切れを指摘したが、それが認められず久保の負けになったのだ。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

△6六銀まで 棋譜

73〜94手

  1. ▲6七歩
  2. △7七銀成
  3. ▲同銀右
  4. △1七馬1
  5. ▲3三歩成4
  6. △3六角7
  7. ▲7五飛4
  8. △7三香1
  9. ▲8五桂
  10. △8六桂2
  11. ▲同銀
  12. △7五香
  13. ▲同銀
  14. △3九馬
  15. ▲7七香2
  16. △5四角4
  17. ▲7三歩2
  18. △同桂1
  19. ▲同桂成
  20. △同銀1
  21. ▲8五桂1
  22. △8二銀2

指了図・△8二銀

棋譜

 トラブルの内容はともかく、久保がその事件をきっかけに発奮したのは確かで、以来8連勝してこの対局を迎えた。

 「今の久保君は怒っているからなあ」と控室の棋士たち。持将棋局もそうだったが、この一局にかける久保の執念にはすさまじいものがあった。

 ここで▲3三歩成は△7六歩▲6六角△同桂で後手優勢になる。後手の狙いは△7六歩なのだ。そこで▲6七歩と打ったのが好手。角銀交換は許すが、7四の桂は使わせないという手だ。「これでいっぺんに大変になった」と久保も言う。

 このあとの△3六角では△7六歩▲同銀△6六桂▲同歩△5八角という手順で両取りをかけるのがよかったようだが、実戦は久保がそれを逃して混戦になった。

 穴熊攻めには大駒より小駒。2度の▲8五桂や▲7七香などの好手が飛び出し、指了図はむしろ先手ペースだ。

(青)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る