現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権 準々決勝第3局 >
先手 ▲ 阿久津主税  五段   対   後手 △ 久保利明  八段

よく指した

2007年06月12日

 時刻は午後10時を回った。この日の関西将棋会館では4局の対局が行われていたが、他の3局はすべて感想戦も終わり、最後に残った本局がぽつんと1局だけ行われている。控室の顔ぶれも朝からずいぶん変わった。解説の井上慶太八段(加古川市在住)は近くのホテルに宿泊の手配をしたという。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

△4七角まで 棋譜

119〜136手

  1. ▲5四歩4
  2. △5二金 
  3. ▲4四角1
  4. △5八飛 
  5. ▲7一角成2
  6. △同飛 
  7. ▲6一金1
  8. △同飛2
  9. ▲7二歩成
  10. △8一飛2
  11. ▲7三銀
  12. △6一桂
  13. ▲8二銀成1
  14. △同飛 
  15. ▲7三銀
  16. △7二飛 
  17. ▲同銀成
  18. △8一金

指了図・△8一金まで

棋譜

 図の△4七角は先手からの▲6五角を消した意味。そのあとの△5八飛も▲5三歩成を消した受けの手だ。

 ここで阿久津が決めに出た。ばっさり▲7一角成と切り、△同飛に▲6一金と打つ。△同飛▲7二歩成。

 こんな玉の近くにと金ができては、普通は勝負あったとしたものだ。ところが久保はそこで△8一飛と指した。1手でも負けを遠ざけようという粘り。「我ながらよく指した」と久保も言う。

 久保の粘りは阿久津の乱れを呼んだ。△6一桂に対する▲8二銀成では▲8一と△同玉▲7二飛△7三桂▲5二飛成で受けなしだった。

 とはいえ、指了図も依然として先手の必勝形である。それが逆転寸前まで行く。一体、ここから何が起きたのか。

(青)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る