現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権 準々決勝第3局 >
先手 ▲ 阿久津主税  五段   対   後手 △ 久保利明  八段

ど根性粘り

2007年06月12日

 何度も書いているように、本局は持将棋指し直し局だ。こうした一戦は、ともすれば一方的な勝負になりやすい。対局者は疲れているし、持ち時間も短い。さらに1局目に勝ちを逃したほうは、その思いを引きずって指すことになる。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

△8一金まで 棋譜

137〜168手

  1. ▲7三歩
  2. △7一歩
  3. ▲8一成銀
  4. △同玉
  5. ▲9五歩
  6. △8二銀
  7. ▲9四歩2
  8. △9一香
  9. ▲9三金
  10. △8四銀
  11. ▲8二金
  12. △同玉
  13. ▲9三銀
  14. △同香
  15. ▲同歩成
  16. △同香
  17. ▲同香成
  18. △同銀
  19. ▲9八香
  20. △9二香
  21. ▲5三香
  22. △9七歩
  23. ▲同香
  24. △9八歩
  25. ▲同玉
  26. △5三桂
  27. ▲同歩成
  28. △9四香
  29. ▲5二と
  30. △9七香成
  31. ▲同桂
  32. △5二飛成

指了図・△5二飛成まで

棋譜

 ところが、本局は前局と同じく、阿久津が何度も勝ちを逃すという流れで延々と戦いが続くことになった。珍しい展開の原因はただ一つ、久保のど根性粘りにある。

 図では▲6一成銀と桂を取れば、次の▲7三桂打を見てほとんどそれまでだった。▲9五歩は危険な手。端を攻めると、先手玉にも危険が及ぶ可能性があるからだ。

 後手も▲9三銀の打ち込みには△同香ではなく△同銀がよかった。以下▲同歩成△同香▲同香成△同香▲同桂成△7三玉の進行なら、本当に逆転していたかもしれない。 いや、実戦の久保もまだまだ頑張る。

(青)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る