現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権 準々決勝第3局 >
先手 ▲ 阿久津主税  五段   対   後手 △ 久保利明  八段

死闘356手

2007年06月12日

 後手が△5二飛成とと金を取って竜を引き付けた場面。午後11時近くになった控室では「逆転」の声がしきりだった。と同時に、「こんなに粘る人とは将棋を指したくない」という声も。阿久津の思いも同じだったのではないか。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

△5二飛成まで 棋譜

169〜181手

  1. ▲9四歩1
  2. △8四銀
  3. ▲9六香
  4. △9五歩
  5. ▲同 香
  6. △9六歩
  7. ▲8六銀1
  8. △7四桂
  9. ▲9三歩成
  10. △同香
  11. ▲同香成
  12. △同銀
  13. ▲9二金

まで、
阿久津五段の勝ち

終了図・▲9二金まで

棋譜

 だが、このもつれた将棋を阿久津は耐えた。最後の気力をふりしぼってもう一度、久保玉を寄せに出たのだ。

 ▲9四歩△8四銀に▲9六香が手厚い攻め。とにかく、玉頭の勢力で勝つのが至上命令だ。

 久保も反撃を見せる。△9六歩▲8六銀に△7四桂と打った手が、なんと詰めろ! あのがちがちだった穴熊玉に詰めろをかけたのだから、これぞ執念である。

 だが、その瞬間、後手玉には即詰みが生じていた。終了図の▲9二金を見て、ついに久保投了。以下は△9二同玉に▲9三桂成△同玉▲8五桂△8二玉▲9四桂と追って詰んでいる。

 手数181手。持将棋局と合わせて356手の死闘である。まさか、指し直し局の手数が持将棋局を超えるとは……。

 両者の気力と執念はこれぞプロ。勝った阿久津は勢いも運も手にした気がする。

(青)

このページのトップに戻る