現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権 準々決勝第4局 >
先手 ▲ 木村一基  七段   対   後手 △ 堀口一史座  七段

明朗な実力者

2007年06月19日

 木村についてベテラン河口俊彦七段は「大学出のインテリで、将来の将棋連盟を背負う一人」と高く評価する。観戦記者にも親切で解説もユーモアがあってうまく、とても明るい人柄である。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

△4二角まで 棋譜

53〜66手

  1. ▲3五歩
  2. △8六歩1
  3. ▲同歩15
  4. △同銀
  5. ▲8七歩
  6. △7七銀成
  7. ▲同金上1
  8. △9五歩9
  9. ▲同歩
  10. △9七歩6
  11. ▲8六銀20
  12. △3五歩1
  13. ▲同銀1
  14. △2七銀15

指了図・△2七銀まで

棋譜

 05年の秋には竜王戦の挑戦者になったし、粘り強さには定評がある。総合力でも今やトップクラスに並ぶだろう。

 序盤の失敗をカバーしようと苦心の受けだったが、堀口の巧技にあって苦戦に陥り、攻め合いの▲3五歩はこの一手。

 「残りいくらですか」と、堀口が記録の田嶋尉三段にしばしば聞く。読みに集中していると、どのくらい考えたか、わからなくなるのである。

 △8六歩と、一気攻略の勢いで突いた。視線は盤上を見据えている。

 ▲同歩△同銀に▲同銀は△同角でまずい。▲8七歩で受け止めた木村、シャツの袖を勇ましくまくり上げたファイティングポーズであった。

 本局の解説者、北島忠雄六段は「△9七歩に▲同香は△9六歩▲同香△8五銀が厳しいので▲8六銀ですが、△3五歩に▲同銀は疑問手。受けを継承して▲9七香なら十分戦えた」とみる。北島六段の解説は、対局者の局後の感想とほぼ一致している。

(東公平)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る