現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権 準々決勝第4局 >
先手 ▲ 木村一基  七段   対   後手 △ 堀口一史座  七段

厄日だった?

2007年06月19日

 「▲1八飛では▲3六飛と逃げる方が、後手玉にプレッシャーをかけるのでアヤがあった」と北島六段。昔、冗談のうまい芹沢博文九段が「悪手は悪手を呼ぶだ」と笑っていたのを思い出すが、大豪・木村七段の厄日だったのかも知れない。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

△4七成銀 棋譜

81〜100手

  1. ▲1八飛2
  2. △9八銀1
  3. ▲同香2
  4. △同歩成
  5. ▲同玉
  6. △9六香
  7. ▲9七銀打
  8. △同香成
  9. ▲同銀
  10. △同角成1
  11. ▲同玉2
  12. △9五香4
  13. ▲8八玉
  14. △7六歩
  15. ▲同金1
  16. △6七銀
  17. ▲6六金右
  18. △7六銀成
  19. ▲同金
  20. △6七銀

指了図・△6七銀まで

棋譜

 頃はよし、堀口は△9八銀。木村は悔しそうな表情で▲同香と取る。王手の△9六香に▲8八玉とかわすと△8五歩だから、ビシッと鳴らして▲9七銀打の強い受け。

 ざっくばらんな人柄の木村は、局後の控室での感想戦で堀口を「お兄さん」と呼んだりした。対局中も「今日はやけにうまく指すな」と思っていたかも知れない。過去の対戦は木村が1敗後の4連勝で、年齢は木村が1歳と8カ月上の33歳。

 窓外のどこかで午後5時のチャイムが鳴り、堀口は△同香成▲同銀にバッサリ△同角成の強襲。次いで△9五香も、絶好調の追い打ちだった。

 ▲9六歩なら△同香▲同玉△8五銀▲9七玉△9六銀打▲8八玉△8六歩と迫られて支え切れない。絶望的な形勢のようだが、粘りを身上とする木村は徹底抗戦の構え。

(東公平)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る