現在位置:asahi.com>将棋>朝日オープン> 記事

< 第25回朝日オープン将棋選手権 準々決勝第4局 >
先手 ▲ 木村一基  七段   対   後手 △ 堀口一史座  七段

堀口の完勝

2007年06月19日

 トコトンまで粘る気の木村は▲6六金だが、9筋が香車の素通しだから見込みは薄い。△7六金がいきなり詰めろ。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

△6七銀まで 棋譜

101〜112手

  1. ▲6六金1
  2. △7六金
  3. ▲同金5
  4. △同銀成
  5. ▲7七金
  6. △6六金
  7. ▲7八金1
  8. △7七歩1
  9. ▲同桂
  10. △8七成銀
  11. ▲同金
  12. △8六歩
  13. ▲―――3

まで、
堀口七段の勝ち

終了図・△8六歩まで

棋譜

 しかし「投了は最大の悪手」と言った人もいるし、木村自身も01年に羽生善治四冠(当時)との竜王戦挑戦者決定戦の第1局で、敗勢にめげずに粘り、1手詰めの頓死を食わせて勝ったのはよく知られている話。

 時間切迫の堀口だが気持ちに余裕があり、すでに勝ちを読み切っていただろう。▲7七金の受けにすぐさま△6六金。

 木村が▲7八金と引けば、△7七歩と最後の持ち駒を打ち、▲同桂に△8七成銀▲同金△8六歩が見事な寄せだった。

 「負けました」と木村がカブトを脱ぐ。投了の後、▲8六同金は△同飛▲8七合駒△9七金の筋でだめ。▲8五歩と飛を遮断しても△8七歩成▲同玉△7六金打▲7八玉△7七金直▲6九玉△8五飛で一手一手。

 木村が小声で「検討は控室でやります」と記者に言った。同室の他の対局者に配慮したのだ。

 本局の後、木村は3月16日のB級1組順位戦最終局で野月浩貴七段に勝ち、9勝3敗でA級入りと八段昇進を決めた。

(東公平)

このページのトップに戻る