現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. トピックス
  5. 記事

谷川が公式戦1200勝 歴代4人目、48歳最年少記録

2011年3月17日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:1200勝を達成した谷川浩司九段=10日午後11時24分、大阪市の関西将棋会館拡大1200勝を達成した谷川浩司九段=10日午後11時24分、大阪市の関西将棋会館

 将棋の谷川浩司九段(48)が10日、大阪・関西将棋会館での第24期竜王戦ランキング戦2組昇級者決定戦で中川大輔八段を破り、公式戦通算1200勝(698敗)を達成した。

 大山康晴十五世名人(故人)、中原誠十六世名人、加藤一二三・九段に次ぐ歴代4人目で、四段昇段後34年2カ月の達成は、中原十六世名人に次ぐ2番目の早さ。48歳11カ月での達成は最年少記録。

 2002年7月に達成した1千勝も、06年2月の1100勝も当時、最速、最年少で達成した谷川九段。しかし、昨年12月に1199勝した後、8連敗していた。

 終局直後、谷川九段は「最近あまりにも成績が悪すぎて、1200勝どころではなかった。100勝に5年もかかるとは予想もしなかった。1勝する大変さが改めて分かった。この将棋は熱戦だったので、一つのきっかけに出来たらと思う」と話した。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介