現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. トピックス
  5. 記事

名人挑戦へ激しい攻防 将棋A級順位戦 10棋士の抱負

2011年6月28日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

表:A級シード順A級シード順

表:A級1回戦の結果と予定A級1回戦の結果と予定

 第69期将棋名人戦は森内俊之九段(40)の4期ぶり名人返り咲きで幕を閉じた。来年の名人挑戦権を10人総当たりで争うA級順位戦には、失冠した羽生善治二冠(40)を筆頭にそうそうたる顔ぶれがそろう。参加棋士それぞれに戦いに臨む抱負を聞いた。

■一局一局全力で 羽生善治二冠(40)

 「持ち時間が6時間は久しぶり。いかに順応するかが課題になると思う。大変な相手ばかりなので、一局一局全力でやりたい」。名人7期を含め連続19期目。前名人。

■前期以上頑張る 渡辺明竜王(27)

 「前期は初参加ながら惜しいところまで行けた。最後にチャンスを生かせなかったので、今期は前期以上の結果を目指して頑張りたい」。連続2期目。前期6勝3敗。

■うまく滑り出す 高橋道雄九段(51)

 「前期は出だしが苦しかったが勝ち越せてよかった。2期連続勝ち越しには驚いている。初めの3局をうまく滑り出したい」。3期連続12期目。前期5勝4敗。

■後手番を課題に 郷田真隆九段(40)

 「前期は後手番で勝てなかったのが反省点。後手番の成績がよければ、そこそこ上位を争えると思う。挑戦を目指して頑張りたい」。7期連続9期目。前期5勝4敗。

■前半戦を大事に 三浦弘行八段(37)

 「前期は前半戦から苦しい星になり、ずっと借金生活のようだった。貯金生活をしたいので、当たり前だが、前半戦を大事にしたい」。連続11期目。前期4勝5敗。

■波をなくしたい 丸山忠久九段(40)

 「前期は年明けに負けが込んでしまった。1年を通して調子を維持するのは難しいが、波がないように指していきたい」。名人2期を含め連続14期目。前期4勝5敗。

■思いきりあたる 谷川浩司九段(49)

 「将棋連盟の理事になったが、研究時間をうまく作ってプラスにしたい。実績があっても下位なので、思いきりぶつかる」。名人5期を含め連続30期目。前期4勝5敗。

■連敗気をつける 久保利明二冠(35)

 「前期は危ない思いをしたので、今期は前半からいい勝負をしたい。連敗すると止まらなくなるので、そうならないよう気をつけたい」。2期連続7期目。前期4勝5敗。

■白星先行目標に 佐藤康光九段(41)

 「1年でA級に戻って来られたのは幸運だった。新しい緊張感はあるが、名人挑戦を目標に白星先行で戦いたい」。名人2期含め2期ぶり15期目。B級1組から昇級。

■いい将棋を指す 屋敷伸之九段(39)

 「皆さん強いので、戦うのが楽しみ。とりあえず成績のことは考えず、一局一局、いい将棋を指したい。名人挑戦を目指す形でいければ」。初参加。B級1組から昇級。(構成・村上耕司)

     ◇

 対局は持ち時間が各6時間で午前10時開始。順位戦の棋譜は有料の名人戦速報サイト(http://www.meijinsen.jp/)でご覧になれます。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介