現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. トピックス
  5. 記事
2012年9月4日15時59分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

行方が単独首位 将棋順位戦B級1組

 第71期将棋名人戦・順位戦B級1組の5回戦6局が指され、行方尚史八段が広瀬章人七段に勝ち、5連勝で単独首位に立った。全勝同士の一戦は相矢倉から際どい攻防の末に行方が競り勝った(17日朝刊から観戦記を掲載予定)。敗れた広瀬と鈴木大介八段、久保利明九段、畠山鎮七段が1敗で追っている。1期でのA級復帰を狙う丸山忠久九段は初白星を挙げた。前期次点の阿久津主税七段は初日が出ない。

■将棋順位戦結果

(左が勝ち。数字は勝敗。〈〉が勝ち。[]が負け)

▽B級1組5回戦

〈1〉[3]丸山忠久―飯塚祐紀〈2〉[3]

〈3〉[1]畠山 鎮―阿久津主税〈0〉[4]

〈2〉[3]松尾 歩―木村一基〈1〉[3]

〈5〉[0]行方尚史―広瀬章人〈4〉[1]

〈3〉[2]山崎隆之―中田宏樹〈1〉[4]

〈4〉[1]鈴木大介―井上慶太〈1〉[4]

※久保利明〈3〉[1]は抜け番

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

将棋の本

第70期将棋名人戦七番勝負全記録(朝日新聞出版)

返り咲きを狙った羽生善治十九世名人を森内俊之十八世名人が破ったシリーズを観戦記で振り返る。決着後の両者へのインタビューも収録。

変わりゆく現代将棋 上巻(羽生善治著/毎日コミュニケーションズ)

七冠制覇を成し遂げた羽生が「将棋世界」誌上で連載した矢倉の壮大な研究。当時20代の羽生が将棋の真理に挑んだ渾身作。

powered by amazon

名人400年記念切手特製シート

将棋界最高峰「名人」の誕生から400年。大山、升田、谷川など、名勝負を繰り広げてきた歴代名人の写真が記念切手になった。