現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. コラム
  5. 小原篤のアニマゲ丼
  6. 記事

おきて破り! 仁義なき米国アニメ

2008年2月25日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真「ビー・ムービー」の主人公バリー Bee Movie TM&(C)2007 DreamWorks Animation L.L.C.写真「魔法にかけられて」の実写ジゼル(上、エイミー・アダムス)とアニメのジゼル (C)Disney Enterprises,Inc.

 驚くべき米国アニメ2作を紹介します。

 まずは先月から公開中の「ビー・ムービー」。ドリームワークス製作のCGアニメです。生まれて初めて巣の外の世界に出たミツバチのバリーが、危ないところを助けてくれた人間のヴァネッサと友達になるが、スーパーの棚を見て「自分たちの集めた蜜が盗まれ売られている」と知り、人間相手に蜜を返すよう裁判を起こす、という物語。

 ハチの世界に大学や工場があるとか、主人公が人の言葉を話せるとか、さらにはヴァネッサのボーイフレンドと恋のさや当てをする(ハチと人間の三角関係!)とか、そんなことはいいんです。何に驚いたかと言うと、この映画の世界では「ハチが授粉してあげないと花がしおれる」ことになっているのです。蜜が余ってハチたちが怠けたために世界中の花が枯れますが、これはイカンと立ち上がった主人公たちが花粉をまくと花はたちまちイキイキ(おいおい)。受粉したら散るんじゃないの? それじゃどうやったら実や種が出来るの? 

 たぶん、枯れた花が一斉によみがえるという、いかにもな見せ場がほしかったんでしょうね。でも、虫がしゃべるような大ウソはいいですが、小学生が理科で習う自然の法則を物語の都合でねじまげちゃうのはどうなんでしょう? 色鮮やかで細密なCGには感心しましたが、どうもこの点が気になって…。

 もう1本は、3月14日公開の「魔法にかけられて」。実写とアニメを使ったディズニー映画です。魔法の王国アンダレーシアの森で暮らす娘ジゼルは、王子に見初められ結婚することに。しかし式の当日、継母の女王によって、呪いのかかった井戸に落とされます。井戸の向こうは、なんと現代のニューヨーク!

 魔法の国はいかにもディズニーらしいアニメで、現代のNYは人間の役者が演じる実写です。おとぎの国のお姫様もNYに来れば、はた迷惑なドレスでところ構わず歌い出しちゃうアッパラパー娘。白タイツぴちぴちの王子様まで追いかけてきて事態はますますアッパラパーに。「愛は永遠」と信じるジゼルを助けたのがシニカルな離婚専門弁護士ロバートで、2人がそれぞれが「自立」と「愛」に目覚めていくドラマはよくできています。

 で何に驚いたかというと、ディズニーがアニメのお約束を逆手に取ったセルフパロディーをしたこともそうなのですが、何といってもロバートのアパートを掃除するシーンの壮絶さです。ジゼルが窓を開けて歌うと動物たちがやってきて、力を合わせて掃除してくれます。「白雪姫」か「シンデレラ」かというシーンですが、ここは都会のNY。近くにいる生き物はハト、ネズミ、ハエ、そして台所によくいるあの虫! それがウジャウジャと集まってくるのですから、ロバートならずとも悲鳴をあげるというものです。ピクサーのCGアニメ「レミーのおいしいレストラン」には厨房でネズミの大群が料理するシーンがありましたが、その上を行く恐ろしさ。ていうかやりすぎじゃないの? ホントにこれディズニー映画?

 面白さのためならおきて破りでも何でもする。見上げた心意気です。それが本当に面白さにつながっているかどうかは、まあ、ご覧になった上で判断してください。

 ところで、アニメのジゼルは恋もまだ知らぬ風の16〜17歳くらいの娘さんですが、実写のジゼルはお姫様というより十分お妃様な感じのお年頃に見えます。「17歳です」とか言ったら「おいおい」とつっこまれてしまうでしょう。実写もアニメの声も、演じているのは74年生まれのエイミー・アダムス。バツイチのロバートとは釣り合うので、ドラマ上はこれでいいんですが…。

 はっ! もしや、井戸には「年をとる」という呪いもかけてあったのでしょうか? 恐るべし女王様!

 いやっ! これは、キャラクターと声優の年齢にはギャップがある、というアニメ界のお約束をパロッたのでしょうか? 恐るべしディズニー!

プロフィール

写真

小原 篤(おはら・あつし)

1967年、東京生まれ。91年、朝日新聞社入社。99〜03年、東京本社版夕刊で毎月1回、アニメ・マンガ・ゲームのページ「アニマゲDON」を担当。08年4月から編集局編集センター員。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内