現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. コラム
  5. 小原篤のアニマゲ丼
  6. 記事

寿限無、寿限無、東映の…

2009年3月23日

  • 筆者 小原篤

写真「映画プリキュアオールスターズDXみんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」 (C)2009映画プリキュアオールスターズ製作委員会写真左からキュアブラック、キュアドリーム、キュアピーチ、キュアブルーム。舞台は横浜みなとみらい写真「プリキュア」シリーズおなじみのかわいいキャラもみんな登場写真左からキュアベリー、キュアピーチ、キュアパイン。放映中の最新作「フレッシュプリキュア!」の主人公3人です=19日、東京国際アニメフェア会場で

 伝説の戦士プリキュアと仮面ライダーは、敵を追って入った洞窟の奥で、地の底からわき上がるような不気味な声を聞きました。

 「ぜんぶやるのだあ〜 ぜんぶやるのだあ〜」

 「だ、だれ?」「だれだっ?!」

 「ぜんぶだあ〜 ぜんぶやるのだあ〜」

 頭が割れそうな声にプリキュアとライダーは耐えきれず気を失いました。目覚めると、そこには何と……。

 ――なあんて、これは私の勝手な妄想。でも、東映の女の子向けアニメ「プリキュア」最新作に過去のプリキュアたちがぜんぶ登場し、東映の特撮番組「仮面ライダー」最新作に過去の平成ライダーたちがぜんぶ出てくるのは、本当です。

 20日から公開中の「映画プリキュアオールスターズDXみんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」は、テレビアニメ「プリキュア」シリーズ6作品のプリキュアたちが全部出ます。総勢14人が力を合わせて敵と戦うのですが、決まり文句と共に変身して名乗りを上げるのが計14人分ですから、いやもう大変です。

 「デュアルオーロラウェーブ!光の使者キュアブラック!光の使者キュアホワイト!ふたりはプリキュア!闇の力のしもべ達よ、とっととおうちに帰りなさい!ルミナスシャイニングストリーム!輝く命シャイニールミナス!輝く金の花!キュアブルーム!きらめく銀の翼!キュアイーグレット!ふたりはプリキュア!大いなる希望の力キュアドリーム!情熱の赤い炎キュアルージュ!はじけるレモンの香りキュアレモネード!知性の青き泉キュアアクア!安らぎの緑の大地キュアミント!青いバラは秘密の印、ミルキィローズ!チェンジ!プリキュア!ビートアップ!ピンクのハートは愛あるしるし、もぎたてフレッシュ、キュアピーチ!ブルーのハートは希望のしるし、つみたてフレッシュ、キュアベリー!イエローハートは祈りのしるし、とれたてフレッシュ、キュアパイン!」

 ふぅ、これじゃ落語の「寿限無」ですな。一部省略してますしどこか間違えているかもしれませんがご容赦を。そんでクライマックスには、みんながめいめい長い技の名を叫んでから必殺技を繰り出すので、またプリキュア寿限無になっちゃうわけです。華やかでめまぐるしい14連発花火。しかし闘いが長大な分、割を食っているのはドラマの方です。

 問答無用の悪の化身が目覚めオープニング、遭遇&小バトル、街を大破壊、全員集合大バトル、致命的な攻撃食らって全員バッタリ、敵の高笑い、ヨロヨロ立ち上がると敵が「バ、バカな」と言う(あるいは「ま、まさか」)、テーマっぽいセリフ(「仲間」とか「夢」とか)言いつつ全員で最後の大技、みんなでニッコリEND。今作を含む最近の東映(に限りませんが)の映画には、どうもこんなパターンが目立ちます。問題は、派手派手しい装身具(=華麗なアクションシーン)の隙間から見えるのが物語の骨格ばかりで、肉付け(=情を動かすドラマ)が足りないことなのです。

 現在テレビ朝日系で放映中の「平成ライダーシリーズ」第10作「仮面ライダーディケイド」は、主人公が過去9作の世界をわたりあるきながら、過去9作のライダーかディケイドのどれかに変身し、過去9作のライダーたちを相手に闘います。平成ライダー同士を闘わせるゲームと連動させた企画です。

 番組中で「クウガ、アギト、龍騎、555、ブレイド、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド」と名乗りをあげて全員登場、なんてことはしないので「ライダー寿限無」にはなりませんが、9作それぞれに何人ものライダーが出ていた上にこの番組ではそれがぜんぶ入り乱れるので、見ているともうめまぐるしくて。例えば第8話は「ブレイド」の世界に飛ばされた主人公がディケイドに変身してさらに龍騎に変身してブレイドを出し抜いてそんなディケイドにギャレンとレンゲルがつっかかってそこにカリスが乱入し……わかります?

 東映は昨年暮れにも、初代から5代目の鬼太郎が一堂に会する短編を公開しました。妖怪「ぜんぶオバケ」があちらこちらを徘徊しているようです。

 まあ、にぎやかなのは結構ですし長年親しんできたファンにはそれなりの楽しさもあり、商売的にはリスクを避けて財産を有効活用しガッチリ手堅く。でも過去の遺産を使い回してばかりのように見えるのが気になります。

 え? その「ゲゲゲの鬼太郎」第5シリーズを放送していたフジテレビ系の日曜朝9時枠で、東映は4月から「ドラゴンボールZ」(89〜96年)を再編集した「ドラゴンボール改」をやるんですって?

プロフィール

写真

小原 篤(おはら・あつし)

1967年、東京生まれ。91年、朝日新聞社入社。99〜03年、東京本社版夕刊で毎月1回、アニメ・マンガ・ゲームのページ「アニマゲDON」を担当。08年4月から編集局編集センター員。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内