現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. コラム
  5. 小原篤のアニマゲ丼
  6. 記事

V、W、X、Z

2009年9月14日

  • 筆者 小原篤

写真拡大「講談社シール101絵本 仮面ライダーW ハーフチェンジでたたかえ!」講談社より発売中。これが新ライダーW写真拡大DVD「仮面ライダーV3」VOL.1(東映ビデオ)写真拡大DVD「ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダム1」(バンダイビジュアル)写真拡大DVD「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」第1巻(バンダイビジュアル)

 「アニマゲのネタがないなあ、困ったなあ」などとつぶやき、酒をあおりつつ新番組「仮面ライダーW(ダブル)」を鑑賞。ふーん、2人で1人のライダーになるのね、どっちが攻め――じゃなかった、どっちがボケでどっちがツッコミ?(うーん、眠くなってきたなあ、ムニャムニャ…)

 ガンダムさん 「ねえライダーくん、なんかウチのマネしてない?」

 ライダーくん 「してませんよ、何の話ですか?!」

 ガンダムさん 「いやだって、新番組『W』でしょ。ウチのガンダムWのマネ? VガンダムとV3とか、ガンダムXとXライダーとか。仮面ライダーZOなんて、ウチのZガンダムと00(ダブルオー)を混ぜたみたい。そもそもみんなツノ2本ってところがアヤしい」

 ライダーくん 「ウチの方が放映が先なのが結構入ってますよ! 難癖はやめてください」

 ガンダムさん 「でもカブるというか、共通点多いよねえ。ガンダム同士が闘ったり、ライダー同士が闘ったりさあ。仲間じゃないの?」

 ライダーくん 「そうですねえ、あとライダーもガンダムもやたらとたくさん登場するようになりましたよね」

 ガンダムさん 「そうそう、もう憶えきれないよ。あと若いヤツらの格好はキラキラやトゲトゲが妙に多いね。だからファンから『これガンダム?』とか言われちゃうのかなあ」

 ライダーくん 「ウチもねえ、毎年新しいライダーが発表されるたびに微妙な反応が…」

 ガンダムさん 「あと、美形キャラが増えたね。昔は渋いオヤジキャラがいい味出してたんだけど」

 ライダーくん 「確かにイケメンばっかりですね。ウチも『おやっさん』が懐かしいなあ。敵の幹部も昔は濃い人ばっかりで」

 ガンダムさん 「そういえば、死神博士ってウチの敵方のマ・クベ大佐に似てるよね」

 ライダーくん 「何の話ですか?!」

 ガンダムさん 「そうだ、シャアに似た人もいたな」

 ライダーくん 「えー? ゾル大佐とかブラック将軍ですか」

 ガンダムさん 「いやいや、いたじゃないホラ、クールな二枚目でさあ、復讐に燃えてて」

 ライダーくん 「わかんないなあ」

 ガンダムさん 「正解はライダーマン!」

 ライダーくん 「顔の下半分が出てるってだけじゃないですか!」

 ガンダムさん 「でもこうして考えると、お互いいろいろ共通点が増えたね。何でなんだろう?」

 ライダーくん 「マーチャンダイジングとか、女性ファン狙いとか。あと、作りすぎだからじゃないですか?」

 ガンダムさん 「キミに言われたくないなあ」

 ライダーくん 「だいたい、何でガンダムさんは年下のくせに態度がでかいんですか」

 ガンダムさん 「身長18メートルだから」

 ライダーくん 「関係ないでしょ!」

 うーん、ムニャムニャ。おっといけない、うつらうつらしてヘンな夢を見ていたようです。さあさあ、ちゃんと「仮面ライダーW」を見なければ。

プロフィール

写真

小原 篤(おはら・あつし)

1967年、東京生まれ。91年、朝日新聞社入社。99〜03年、東京本社版夕刊で毎月1回、アニメ・マンガ・ゲームのページ「アニマゲDON」を担当。09年4月から編集局文化グループ記者。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内