現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. コラム
  5. 小原篤のアニマゲ丼
  6. 記事

「つみきのいえ」と「おくりびと」の国

2009年11月30日

  • 筆者 小原篤

写真拡大「七人の侍」は10月に東宝からブルーレイディスクが出たばかり写真拡大DVD「東京物語」(松竹)

 ランキングというのは、ツッコミを入れ文句を言うのも楽しみのうちなのだと思います。「アレが1位だなんて信じられない!」とか「え、この味で三つ星?」とか。オレ的ランキングを示して「異論は認めない」なんてタンカを切るのは、異論がワンサカ来てほしい気持ちの表れなのです、たぶん。

 キネマ旬報が先日、100人を超える評論家や文化人の投票による映画史上ベストテンを発表しました。日本映画はこんな結果でした。

(1)東京物語

(2)七人の侍

(3)浮雲

(4)幕末太陽伝

(5)仁義なき戦い

(6)二十四の瞳

(7)羅生門

(7)丹下左膳余話 百万両の壺

(7)太陽を盗んだ男

(10)家族ゲーム

(10)野良犬

(10)台風クラブ

 山中貞雄の丹下左膳とはマニアックな…いやいやしかし「生きる」も「雨月物語」もないってどうなの? といろいろ気になりますが、「あれれ」と思ったのは「東京物語」が「七人の侍」を抑えて1位になったこと。ちょっと調べてみましょうか。

 10年前、99年にキネ旬が発表した日本映画史上ベストテンはこの通り。

(1)七人の侍

(2)浮雲

(3)飢餓海峡

(3)東京物語

(5)幕末太陽伝

(5)羅生門

(7)赤い殺意

(8)仁義なき戦いシリーズ

(8)二十四の瞳

(10)雨月物語

 ありゃ、「赤い殺意」(今村昌平監督)って見たことありません。お恥ずかしい。

 さらに10年前、89年のキネ旬の日本映画史上ベストテンはこうでした。

(1)七人の侍

(2)東京物語

(3)生きる

(4)浮雲

(5)飢餓海峡

(6)幕末太陽伝

(7)西鶴一代女

(8)雨月物語

(8)用心棒

(10)二十四の瞳

 同じく89年、文春文庫から出た「日本映画ベスト150」は、映画好きの識者にアンケートしたものだそうですが、こんな結果でした。

(1)七人の侍

(2)東京物語

(3)生きる

(4)羅生門

(5)浮雲

(6)飢餓海峡

(7)二十四の瞳

(8)無法松の一生

(9)幕末太陽伝

(10)人情紙風船

 90年にNHKと民放衛星テレビ局JSBが昭和期の映画を対象に行った「100万人の映画ファン投票」(応募総数94万票余)はこんな感じ。

(1)七人の侍

(2)となりのトトロ

(3)二十四の瞳

(4)君の名は

(5)青い山脈など

 とまあこのテのオールタイムベストは「七人の侍」と相場が決まっているもの(というのが私の印象)でしたが、今回の逆転はやはり日本が「つみきのいえ」と「おくりびと」の国になり、大刀ふりかざして跳ね回る三船敏郎の菊千代よりも、堤防にぼんやり座ってる笠智衆と東山千栄子の老夫婦へのシンパシーが強くなったからなのでしょうか……なーんて言ったって、選ばれているのはたいがいが古い映画ですけど。ちなみに「東京物語」は公開年(53年)のキネマ旬報ベストテンで2位(1位は「にごりえ」)、「七人の侍」は54年のキネ旬3位(1位「二十四の瞳」、2位「女の園」)と、共に公開年の1位ではなかったというのはたびたび蒸し返されるので有名な話です。

 ちなみにアニメ映画はどうかというと、公開年のキネ旬の順位は「白蛇伝」14位、「わんぱく王子の大蛇退治」24位、「太陽の王子ホルスの大冒険」28位、「千夜一夜物語」25位、「宇宙戦艦ヤマト」50位といった具合。78年は「ルパン三世」が26位で「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」が40位。79年は「銀河鉄道999」が17位なのに「ルパン三世カリオストロの城」は54位と散々で、20位「龍の子太郎」、40位「がんばれ!!タブチくん!!」、45位「アルプスの少女ハイジ」(←テレビの総集編です)にも負けてるところが何ともはや。もっとも、20位以下ともなると票がバラけてしまって順位にあんまり意味がなくなるのですが。ちなみに劇場版ガンダムは見つからず。84年は「風の谷のナウシカ」7位、「うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー」17位、でも「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」は見つからず。その後、85年「銀河鉄道の夜」17位、86年「天空の城ラピュタ」8位、87年「王立宇宙軍オネアミスの翼」39位などを経て、ついに88年「となりのトトロ」が1位を獲得するわけです。ちなみに同時上映の「火垂るの墓」も堂々の6位でした。

 さて、ひとさまのランキングをあれこれ掘り返すばかりでは申し訳ないので、私の長編アニメベストテンは――と思いつくままに書き出してみると、エースをねらえ! トトロ 火垂るの墓 オネアミス カリオストロの城 ビューティフル・ドリーマー イノセンス クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 時をかける少女 ホルスの大冒険 あれれ、もう10本です。「機動戦士ガンダム3 めぐりあい宇宙編」と「耳をすませば」と「東京ゴッドファーザーズ」が入らないし、それから……頭がオーバーヒートしそうなので、ツッコまれないうちにこのへんで放り出して逃げてしまいましょう。

プロフィール

写真

小原 篤(おはら・あつし)

1967年、東京生まれ。91年、朝日新聞社入社。99〜03年、東京本社版夕刊で毎月1回、アニメ・マンガ・ゲームのページ「アニマゲDON」を担当。09年4月から編集局文化グループ記者。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内