現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. コラム
  5. 小原篤のアニマゲ丼
  6. 記事

秘すれば花よ

2010年10月18日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:過激なお下劣ギャグで突っ走る「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」 パンティ嬢(左)はパンツが武器です (C)2010 GAINAX/GEEKS拡大過激なお下劣ギャグで突っ走る「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」 パンティ嬢(左)はパンツが武器です (C)2010 GAINAX/GEEKS⇒オンラインショップへ

写真:オタク趣味に突っ走る妹に兄が振り回される「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は伏見つかささん作のライトのベルが原作。写真は第2巻(電撃文庫)拡大オタク趣味に突っ走る妹に兄が振り回される「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は伏見つかささん作のライトのベルが原作。写真は第2巻(電撃文庫)⇒オンラインショップへ

写真:海を汚す人間たちを征服しようとイカ娘が奮闘する「侵略!イカ娘」は安部真弘さん作のマンガが原作。写真は第1巻(秋田書店)拡大海を汚す人間たちを征服しようとイカ娘が奮闘する「侵略!イカ娘」は安部真弘さん作のマンガが原作。写真は第1巻(秋田書店)⇒オンラインショップへ

 上司「君には10月から名古屋に行ってもらう」

 私「わかりました」→(心の声)「ええっ、名古屋にはMXテレビもテレビ神奈川もないよ、どうしよう!」

 アタマが「アニメ脳」な私にとって、深夜アニメをガンガンやってくれるこのローカル2局はなくてはならない存在。「名古屋に行ったら新番組のいくつかは見られないのかな」などと心配していましたが、杞憂でした。代わりにテレビ愛知がガンガンやってくれるのです。系列のテレビ東京系のアニメにとどまらず、「百花繚乱サムライガールズ」とか「えむえむっ!」とか「もっとToLOVEる――とらぶる――」とか「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」といった、関東ではローカル局でやっているアニメもラインアップ。テレ東よりアニメ度が濃いとは、すごいぞテレビ愛知!(略称「テレ愛」って言うのかな、顔がポッと赤くなるような呼び名だけど)

 というわけで、地上波とBSで見られる新番組数は東京と変わらず、今季は20本台半ば。それでは始めましょう、恒例の「アニメ新番組酔いどれ視聴」in名古屋。単身赴任だろうと何だろうと、夜更けに酒をあおってアニメを見るのはいつもと同じ。咳をしてもひとり、アニメを見てもひとり。酔っぱらいメモもひとり。

 「名前が『うまそう』 ジムシィはどこだ?」「シャーロック・シェリンフォードとはマニアックな命名」「脱いだパンツが銃に ウンコとゲロとセックス! お下劣にパワーアップしたパワパフか 『抜か○の3回』ってまるで深夜番組のノリ――あ、深夜番組かコレ」「『まさかキサマ、銀河美少年か!』酒の名前? 『銀河少年』は手塚治虫だ 決めポーズ『きら星!』いや〜んキモカッコイイ」「とりあえずヒロインはハダカ 謎の光が差しこみアソコが隠れる Bパートはフロ いきなりフロ」「空飛ぶ女の子が日本刀でパンツもたっぷり 女の子の見せてはいけない所に墨がポタポタたれて隠すという新機軸」「入浴シーン 画面下半分が黒くなる もう隠し方なんでもいいんじゃね?」「つんでれサド女がえろぼけマゾ男を矯正→罰とセットにしてオタクの欲望を肯定する構図。こっちじゃ中学生女子が18禁美少女エロゲざんまい(おいおい) オタクな妹が非オタの兄を導く→迂回(うかい)路つかって快くオタク自己肯定する構図」「イカ娘かわいいでゲソ アクションにAプロ魂だゲソ イカスミ吐いてスパゲティうまいでゲソ」「落とし神? 落とし紙ならボットンだ! ギャルゲーオタクがリアル女を次々攻略 心が痛む展開 攻略されてた時の記憶は消えるらしい 『その方が好都合か』たしかに好都合だ」「また共学全寮制(共同浴場あり)か!」

 毎度のことながらロクなことを書いていませんが、すべて酔っぱらいのしたことなので許して下さい。どうも今季もエロが目立ちますね、それとも私のメモがエロ系に偏っているのでしょうか?――なんて、1年前も同じこと書いたなあ。

 とりあえずハダカをバン!と出しておこうよ、そんでテレビじゃモロ出せないから光とか湯気とかイカスミ、じゃなかった墨汁とかでとりあえず隠しといてさあ――なんて、そんな「とりあえずエロ」で、モニターの前の青少年をモジモジさせたりモゾモゾさせたりできるんでしょうか? いや別に、させなきゃいけないワケじゃありませんし「お楽しみはDVDで」って狙いなんでしょうけど、秘すれば花、夜目遠目笠のうち、見えそで見えないチラリズム、焦らし作戦、接して漏らさず(これは違うか)といった手練手管もあることを、忘れないでほしいものです。

プロフィール

写真

小原 篤(おはら・あつし)

1967年、東京生まれ。91年、朝日新聞社入社。99〜03年、東京本社版夕刊で毎月1回、アニメ・マンガ・ゲームのページ「アニマゲDON」を担当。2010年10月から名古屋報道センター文化グループ次長。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介