現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. コラム
  5. 小原篤のアニマゲ丼
  6. 記事

保健体育より人間ドック

2011年5月2日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

画像:「花咲くいろは」DVDはポニーキャニオンから7月発売予定:「花咲くいろは」DVDはポニーキャニオンから7月発売予定拡大「花咲くいろは」DVDはポニーキャニオンから7月発売予定「花咲くいろは」を楽天で検索

画像:「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」DVDはアニプレックスから6月発売予定:「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」DVDはアニプレックスから6月発売予定「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」DVDはアニプレックスから6月発売予定「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を楽天で検索

画像:「青の祓魔師」DVDはアニプレックスから6月発売予定:「青の祓魔師」DVDはアニプレックスから6月発売予定「青の祓魔師」DVDはアニプレックスから6月発売予定「青の祓魔師」を楽天で検索

画像:「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」DVDはキングレコードから6月発売予定:「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」DVDはキングレコードから6月発売予定拡大「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」DVDはキングレコードから6月発売予定「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」を楽天で検索

画像:「30歳の保健体育」DVDは東宝から6月発売予定:「30歳の保健体育」DVDは東宝から6月発売予定拡大「30歳の保健体育」DVDは東宝から6月発売予定「30歳の保健体育」を楽天で検索

 最近、酒に弱くなったのか、体がダラけて心がフヤけているのか、飲むとすぐ眠くなります。フロ上がり、ささっと作ったツマミを前に、アニメを見ながらビールをあおって気がつきゃソファで寝オチ、というのもそれはそれでキモチいいのですが、今は春のアニメ新番組の季節。せっせと録画を消化しなくてはいけません。

 この春、地上波とBSで見られる新番組を数えたら40本台半ば。昨春は20本台、2009年は30本台だったはずなので、08年あたりの水準に戻ったということに。あれれ? 私の知らないところで景気がV字回復したのか、ヤケッパチの乱れ撃ちか、枯れ果てる前の狂い咲きか? というわけで、ポスト「3・11」のオタクカルチャーシーンをうらなう(うそ)恒例のアニメ新番組酔いどれ視聴、例によって酔っぱらいの書いたメモをのぞいてみることにしましょう。

 「世界初?のカピバラアニメでカピバラブーム来て野良カピバラが増えるのか? 続いてハム太郎登場、げっ歯類アワーかよ!」
 「サスケマニアが犬の姫に召喚されてたけし城で戦うたぬき御殿」
 「巨乳信長、絶対領域秀吉、メガネっ娘光秀」
 「パンツに羽根つきギョーザ フロおけに放屁 オムツはいて出先で流出 今季の『かわいい声優にいやらしいセリフ言わせるアニメ』はコレか」
 「神の尻を存分に堪能するがいい つまむ方法、ひじき……安っぽくてしょーもない!続きが見たい!」
 「ネズミとカエルが、自分をサルと思いこむ遊びをするって無理がないか」
 「どうぶつ教室が不良の巣になってイルカ先生が尾びれでビビビ〜ン サンリオとセガのアニメなのにCMでバンダイのプリキュアが出るフシギ」
 「雪子姫を脱がせるのは昭和の男の子の夢 昭和ギャグ!昭和カオス!昭和だよ!全員集合」
 「人間族の男ならハーレムを構えてもよいぞとくぎゅが言った」
 「アタシの奴隷になりなさいとくぎゅが言った、けどシャナじゃない」
 「あそこの出版社は職場で公然と熱いキスをするのか 編集者ってヘンターイ、じゃなくてタイヘーン」
 「安城鳴子だから愛称が『あなる』か じゃ安田成美は『やなる』か あなるはもうあのころのあなるじゃなくて『くされびっち』らしい」

 やはりいつも通りロクでもないことか自分でもワケの分からないことしか書いてませんので、こんなものを読んでもポスト「3・11」のオタクカルチャーは読めませんね、カオスですね。新番組を見渡してエロが目立つのはこれまたいつも通りですが、エロをこじらせてヘンタイに走っちゃった感があるようなないような。ツカミが肝心とばかりに刺激をガンガンてんこ盛りにするからですかねえ。

 でもってそんな思春期の少年少女の心に(そして思春期をこじらせたオッサンオバサンの心に)カスタマイズされすぎちゃった作品が多い中で、「ありがちパターンとはひと味違うかも」とこれから始まるドラマに期待を抱かせてくれたのは、女子高生がレトロな温泉旅館で仲居修行を始める「花咲くいろは」と、過去にわだかまりを抱えた幼なじみの男女の群像ドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」。おやこれは、両方とも岡田麿里さんの脚本によるオリジナル作品でした。「GOSICK」「フラクタル」「放浪息子」と話題作を立て続けに手がけて、春からまた2作。ノってますねえ。

 あとは、サタンの息子がエクソシストになるという「青の祓魔師(エクソシスト)」は骨太のドラマが楽しめそうですし、昭和の男の子としては「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」も気になるところ。方向性がまるで読めない性教育アニメ(なのかな?)「30歳の保健体育」はどうしようかなあ、40代も半ばとなると「保健体育の授業でムフフ」なんてのより「人間ドックでバリウムぐぐぐ」って方が、切実になってくるんですけど。

プロフィール

写真

小原 篤(おはら・あつし)

1967年、東京生まれ。91年、朝日新聞社入社。99〜03年、東京本社版夕刊で毎月1回、アニメ・マンガ・ゲームのページ「アニマゲDON」を担当。2010年10月から名古屋報道センター文化グループ次長。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介