現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. ロイター芸能ニュース
  5. 記事

「アバクロ」がビヨンセ提訴、香水が商標権侵害と主張

2009年9月17日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 9月16日、アバクロンビー&フィッチが香水の名前をめぐり米歌手ビヨンセを提訴したことが明らかに。 写真は13日、MTVアワード授賞式で歌うビヨンセ(2009年 ロイター/Gary Hershorn)

 [サンフランシスコ /ニューヨーク 16日 ロイター] 日本では「アバクロ」の通称で知られる米カジュアルファッション・ブランド、アバクロンビー&フィッチが15日 、香水の名前をめぐり、米歌手ビヨンセさんを提訴した。

 オハイオ州コロンバスの連邦裁判所に提出された書類によると、同社は、来年発売予定のビヨンセさんの香水に付けられた「サーシャ・フィアース」という名前が、2002年から発売している自社の香水「フィアース」と混同される可能性があり、商標権侵害にあたると主張している。

 同社によると、香水「フィアース」のこれまでの売上高は1億9000万ドル(約173億円)以上。2009年は6400万ドルに上る見通しだという。

 ビヨンセさんが昨年11月に発売したアルバム「アイ・アム...サーシャ・フィアース」は、米ビルボードチャートで1位に輝いていた。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内