現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. ロイター芸能ニュース
  5. 記事

M・ジャクソンの弁護士ら、慈善団体を詐欺で提訴

2009年9月30日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 9月29日、故マイケル・ジャクソンさんの弁護士らは、米カリフォルニア州の2つの慈善団体を詐欺行為などで提訴。 写真は13日、MTVアワード授賞式で流されたジャクソンさんの映像(2009年 ロイター/Gary Hershorn)

 [ロサンゼルス 29日 ロイター] 6月に急死した米歌手マイケル・ジャクソンさんの弁護士らは29日、米カリフォルニア州の2つの慈善団体を相手取り、ジャクソンさんの名前などを使って資金を集めていたとして、詐欺行為などで提訴した。

 ジャクソンさんの遺産管理人によると、「Heal the World Foundation」と関連団体の「United Fleet」は、ジャクソンさんとは全く関係がなかったにも関わらず、「キング・オブ・ポップ」や「ヒール・ザ・ワールド」といったジャクソンさんに関係する言葉を使い、ジャクソンさんの目的のために活動をしているかのように見せかけていたという。

 また、ジャクソンさんと関係ある商標の登録や申請を行い、それらを使った商品を販売していた。

 ジャクソンさんは1992年、貧困で苦しむ世界中の人々のために同名の「ヒール・ザ・ワールド財団」を設立したが、もう活動はしておらず、訴訟の対象となった団体とは関係がないという。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内