現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. ロイター芸能ニュース
  5. 記事

米グラミー賞ノミネート、ビヨンセが最多10部門

2009年12月3日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 12月2日、第52回グラミー賞の候補が2日発表され、R&B歌手のビヨンセが最多10部門でノミネートされた。写真は11月、アテネでのコンサートで(2009年 ロイター/John Kolesidis)

 [ロサンゼルス 2日 ロイター] 米音楽界で最も権威ある賞、第52回グラミー賞の候補が2日発表され、R&B歌手のビヨンセが最多10部門、カントリー界の新星テイラー・スウィフト(19)が8部門でノミネートされた。

 次いで、ヒップホップ・グループのブラック・アイド・ピーズと、R&B歌手のマックスウェル、ラッパーのカニエ・ウェストが6部門、ポップ歌手のレディー・ガガとラッパーのジェイ・Zが5部門で候補に選ばれている。

 最優秀アルバム賞は、米国で2009年に最も売れたアルバムであるスウィフトの「フィアレス」と、ビヨンセ、レディー・ガガ、ブラック・アイド・ピーズ、デイブ・マシューズ・バンドのアルバムが競うことになる。

 授賞式は、来年1月31日に開催される。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内