現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. ロイター芸能ニュース
  5. 記事

「最低」選ぶラジー賞、「トランスフォーマー」などが7部門候補に

2010年2月2日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 2月1日、最低映画を選ぶゴールデンラズベリー賞で、「トランスフォーマー」などが最多の7部門候補に。写真はトランスフォーマーのキャラクター。ロサンゼルスで2009年6月撮影(2010年 ロイター/Fred Prouser)

 [ロサンゼルス 1日 ロイター] 毎年恒例となっている「最悪」の映画各賞を選ぶゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の候補が1日に発表され、「トランスフォーマー/リベンジ」と「マーシャル博士の恐竜ランド」が作品賞や監督賞など最多の7部門にノミネートされた。

 同賞の候補は例年通り、映画界の「最高峰」であるアカデミー賞のノミネート発表前日に発表された。授賞式もアカデミー賞の前日にあたる3月6日に予定されている。

 ラジー賞の授賞式は毎年、ほとんどの受賞者がボイコットしている。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内