現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. ロイター芸能ニュース
  5. 記事

米女優J・アニストン、「撮る側」への転身も

2010年4月20日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 4月19日、米女優ジェニファー・アニストンが、将来的に監督としてデビューしたいとの意向を明らかに。3月撮影(2010年 ロイター/Lucas Jackson)

 [ロンドン 19日 ロイター] 米人気テレビドラマ「フレンズ」をはじめ、数々のロマンティックコメディーに出演した米女優ジェニファー・アニストン(41)が、将来的に監督としてデビューしたいとの意向を明らかにした。

 2004年に「フレンズ」が終了して以降、6本以上の映画に出演してきたアニストンは、19日付の英サン紙で、ふと落ち着いて「次は何だろう」と考えたとコメント。「これまでとは違う方向で創造的なことをしたくなった」と語り、すでに監督としてのプロジェクトが進行中であることを明かした。

 ただ、2010年と2011年に公開予定の出演作品が3本予定されており、監督デビューはまだ先のことになるかもしれないとしている。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内