現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. マンガ+
  5. 記事

燃え上がるガンダム 岐阜の火祭り、火の粉の雨

2010年4月10日

写真火の粉が降る中、みこしを担ぐ男たち=10日夜、岐阜市、恵原弘太郎撮影写真火の粉が降る中、みこしを担ぐ男たち=10日夜、岐阜市、恵原弘太郎撮影

 降り注ぐ火の粉を浴びながら、みこしを担ぎ回る火祭りが10日夜、岐阜市の手力雄(てぢからお)神社であった。

 高さ20メートルの柱の頂点から落ちてくる「滝花火」の下にみこしを進めると、みこしに仕掛けた花火に着火。さらに激しく舞い落ちる火の粉の中を、上半身裸の男たちがみこしを上下に揺らしながら何度も行き来した。8基が次々と滝花火を披露し、爆発音と歓声が夜空に響き渡った。

 火祭りは約300年前に始まり、火の粉を浴びると厄落としになると伝えられている。

検索フォーム

おすすめリンク

家族だけでみるのは限界、だから施設を探した。でもなんで預けちゃったんだろう…。

仕事も結婚も出産も。思いをかなえるための「正しい野心」のススメ。

3人の女性の恋愛体験記とともに迫る、高齢者の「本当の性愛」の姿。

著名人の遺産をめぐる争いや対策から浮かび上がる、「争族」回避の奥の手とは?

電車や駅のホーム、階段やエスカレーターで。あらゆる所で「スマホバカ」が増殖中だ。

会議やプレゼン、ホームパーティーまで幅広く活躍すること間違いなし!


朝日新聞購読のご案内