現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. マンガ+
  5. 記事

加藤久仁生監督「つみきのいえ」仏アニメ映画祭で最高賞

2008年6月15日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 アニメーションの分野で最高峰とされるフランスのアヌシー国際アニメーションフェスティバルが14日まで開かれ、日本の加藤久仁生監督の短編「つみきのいえ」が最高賞に選ばれた。日本の監督作品の最高賞は、03年の山村浩二監督「頭山」以来。

 加藤監督は77年生まれ。繊細なタッチの手描きアニメが得意で、主な作品に「或る旅人の日記」がある。映像製作会社「ロボット」に所属。「つみきのいえ」は同社が製作した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内