現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. マンガ+
  5. 記事

「コブラ」が30周年 アニメ化プロジェクト始動

2008年6月24日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真エンディングテーマ「ワンダラー」を歌う松崎しげるさん写真会場からの質問にこたえるコブラ役の野沢那智さん写真コブラガールを囲んで記念撮影する寺沢武一さん(前列)とケンドーコバヤシさん(左端)と松崎しげるさん(右端)

 「週刊少年ジャンプ」の連載で人気を呼んだ漫画「COBRA」が、今年で30周年を迎えるのを記念して新作アニメ化され、DVDが発売されることになった。24日午後、都内で制作発表会が行われた。(アサヒ・コム編集部)
【ハイビジョン動画はこちら】

 「COBRA」は1978年「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まった。左腕に「サイコガン」を持つ宇宙海賊コブラの活躍を描き、コミックスの累計発行部数は3000万部を超える。82年に映画化、翌83年にはテレビアニメにもなった。アニメ化プロジェクトとして今回、発売されるDVDは第1弾(4巻)と第2弾(2巻)。8月29日から隔月でリリースされる。第3弾はテレビ放映される予定で、放送終了後、DVD発売されるという。放送局は未定。

 東京のラフォーレミュージアム原宿で開かれた発表会には、原作者の寺沢武一さんをはじめ、コブラ役の声優、野沢那智さんやエンディングテーマを歌う松崎しげるさんがそろい、ゲストにお笑いタレントのケンドーコバヤシさんも加わった。

 作品紹介では寺沢さんや野沢さんのほか、テレビ版の監督をつとめる出崎統さん、音楽の池頼広さん、プロデューサーの楠原真理子さんが壇上に上がり、作品にかける熱い思いをそれぞれ語った。

 松崎さんはエンディングテーマ「ワンダラー」を熱唱、会場からさかんな拍手が送られた。

 「COBRA」の熱烈なファンだというケンドーコバヤシさんもコブラ応援団長として登場、寺沢さんとの掛け合いのなかで、作品を盛り上げていく決意を語った。

 会場にはセクシーな衣装に身を包んだ金髪のコブラガールも姿を見せ、男性ファンの目をくぎ付けにした。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内