現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. マンガ+
  5. 記事

こっちのガンダム、肩にも乗れる 那須に配備へ

2009年7月11日

写真18日から那須ハイランドパークで展示されるガンダム。現在は埼玉県所沢市の作業場で制作中だ

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」で、主人公が操るガンダムの“実物”大模型がさらに1体、栃木県那須町の那須ハイランドパークにお目見えする。壬生町の「バンダイミュージアム」にある1体に加え、これで県内2体目。全国に4体しかない「実物大模型」の半数が、県内にそろうことになる。

 那須ハイランドパークで18日から公開される模型は、イベント「ガンダムワールド2009」(11月23日まで)の目玉となる展示品。頭部と肩部分だけの全高約4メートルになる胸像だが、階段を上り、ガンダムの右肩の上で記念写真を撮れることが売りだ。

 一方、栃木県壬生町の「おもちゃのまちバンダイミュージアム」には07年から、高さ5.6メートルの上半身の模型がある。千葉県松戸市にあった「ガンダムミュージアム」の展示品として03年に作られたが、施設閉鎖に伴い移転された。一般公開は土日のみ。

 アニメを製作したサンライズによると、実物大のガンダムはこの2体と、山梨県富士吉田市の富士急ハイランド、東京・お台場の潮風公園の各1体だけ。那須ハイランドパークは「この夏休みは、実物大ガンダム4体を巡る旅を楽しんで」(担当者)と期待している。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内