現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

奥菜恵さんがハリウッドデビュー 映画「シャッター」公開舞台挨拶

2008年9月8日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真本作がハリウッドデビューとなった奥菜恵さん。「撮影期間はつらいこともあり、長かった」と振り返る写真左から、一瀬隆重プロデューサー・奥菜恵さん・落合正幸監督写真芝大神宮の神主によるヒット祈願の様子写真映画の1シーンより。(c)2008 Twentieth Century Fox 配給:20世紀フォックス映画

 女優の奥菜恵さんのハリウッドデビュー作となるホラー映画「シャッター」が9月6日公開され、奥菜さんらが初日に舞台あいさつを行った。(アサヒ・コム編集部 富田真規)

 ニューヨークに住む夫婦ベンとジェーンを、ジョシュア・ジャクソンとレイチェル・テイラーが演じる。ふたりはカメラマンであるベンの仕事と新婚旅行を兼ねて来日し、不可解な事故に遭うというストーリー。日本での滞在期間中、ふたりは恐ろしい現象に悩まされる。物語の中で、ベンの写真に写り込む謎の女性・めぐみを奥菜さんが演じる。

 本作は2004年に制作されたタイ映画「心霊写真」がベースとなり、スピリチュアル・スリラーという新たなジャンルを開拓した。撮影のほとんどは日本で行われ、スタッフも日米混成。ハリウッド映画ならではのテンポの良さと、日本のホラー映画の世界観が含まれている。

 会見では、奥菜さんと監督の落合正幸さん、プロデューサーの一瀬隆重さんが映画を象徴するかのような黒い装いで登場。

 今回がハリウッド映画デビュー作となった奥菜さんは「ハリウッドデビューの実感はありません。怖い映画でも根底には愛があるし、めぐみの気持ちは女性なら誰でも持っている感覚。特に女性に見てほしい」と話した。

 落合監督は「アメリカのゴースト・ストーリーは、衝撃的にするためにあらゆる脅かしの手段を使っている。この映画はただ幽霊が脅かすだけの話ではなく、サスペンスの要素もあるおもしろい映画」と語った。

 当日は奥菜さんの握手会も開催。「ありがたいです。ファンの方と接して胸がいっぱいになりました」とファンに感謝の思いを伝えた。上映前には神主によるヒット祈願も行われ、スピリチュアルな雰囲気を盛り上げた。

 映画「シャッター」は全国で公開中。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内