現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

〈アカデミー賞特集〉「スラムドッグ$ミリオネア」

2009年2月16日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真写真写真「スラムドッグ$ミリオネア」(C)2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation

 アカデミーの前哨戦、ゴールデングローブ賞をはじめ、世界の映画賞を総なめしている。映画大国インドの商都、旧名ボンベイをもじって「ボリウッド」の異名をとるムンバイが舞台だ。世界的大不況の中、ハリウッド資本はインドを手厚く遇したいのだ、との風評もあるが、娯楽性と社会性を兼ね備えた力作に仕上がっている。

 ドラッグ・カルチャーを躍動的に映し、世界でヒットした「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督。SFも手がける、この英国の奇才は、同じ英国生まれの「クイズ$ミリオネア」を巧みに取り込んだ。

 スラム育ちの少年ジャマールは、学校に通ったことのない孤児。だが、このクイズ番組で次々に正答し、ついに2000万ルピーを賭けた最終問題に。不審がる司会者が手引きして警察が乗り出し、尋問と拷問を重ねる。いかさまか、それとも天才か。 少年の「自白」は三つの回想シーンの形をとり、真実が明らかになる。

 あばらやが密集する地域。ある日、対立する宗教の宗派が襲撃する。ジャマールと兄サリーム、独りぽっちだった少女ラティカは「三銃士」として力を合わせて、成長する。が、孤児を強引に働かせ、搾取する大人から逃げる途中、別れ別れに。ジャマールは、生き別れたラティカと再会するため、クイズ番組に出る。その間、ジャマールは大人に酷使され、虐待された友と慰め合い、銃で報復を図る。そうした波乱に満ちた日々をたどるような問題が偶然、出題された…。スラム社会の暮らしの実情や貧富の差が肉付けされ、娯楽作である以上に社会作として仕上がった。時まさに、昨年11月にムンバイで同時テロがあったばかり。ムンバイの注目度がいちだんと増し、この映画への関心も無論、高まった。

 改めて、「クイズ$ミリオネア」は、人間の感情をむき出しにしてみせると感じる。だからこそ、世界80カ国で人気を呼んでいるのだろう。貧しい少年の大健闘に拍手を送る人々、嫉妬する人々。三つの助け舟「ライフライン」で、人と人とが信頼でつながり、温かい気持ちになる人…。

 こうした「クイズ$ミリオネア」の妙味を映画に取り込んだのは、初めてではない。

 仏の名匠パトリス・ルコント監督の近作「ぼくの大切なともだち」では、親友が1人もいない孤独な男が、恋人に裏切られて他人をいっさい信頼できなくなった男にライフラインの「テレフォン」をかける。助け、助けられる中で絆が身にしみる感動作だった。(アサヒ・コム編集部 宮崎陽介)

第81回アカデミー賞特集へ

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内